航空機関士になるには?装備装置に関する専門知識が必要

記事の著者:1150122

飛行機の操縦をするのがパイロットで、飛行機の整備をするのが航空整備士の仕事です。

航空業界の中でこれらの仕事は有名。しかしこれらの仕事だけではなく、実際に飛行機に乗ってパイロットが安全に飛行機を操縦できる環境を整え、航行後に整備士に飛行機の状況を的確に伝える航空機関士の仕事は、非常に重要です。

航空機関士なるには、整備装置に関する知識は必要不可欠で、そのために専門学科で学ぶ必要があります。

航空機関士のなり方

航空機関士は、航空機に乗って機内のエンジンや機体、燃料系統などを点検することによって安全なフライトを確保する専門家です。パイロットが飛行機の操縦に専念できるように環境を整えます。

航空機関士になるためには、操縦装置に関する整備の知識を身に着けなければなりません。操縦装置とは、補助翼・昇降舵を操る操縦桿・フットペダル・エンジンの回転数や出力を制御するスロットルレバーなどのことです。

このように、操縦装置に関する専門的な知識が必要となります。そのため、航空機関士となるためには航空学校などの専修学校や航空系の学科がある大学などで学ぶことが必要です。飛行機に関する知識を体系的に学んでおかなければ、航空機関士となるために必要な国家試験に合格することはできません。

また、国家試験を受験するためには実務経験も必要です。そのため、専修学校や大学などで学んだ後、航空会社に就職してそこで整備の仕事にたずさわりながら、航空機関士になるための国家資格の取得を目指すのが一般的なルートです。

なお、現在日本では航空機関士仕事は民間にはありません。2009年7月31日に日本航空が所有していたボーイング747クラシックの引退によって、全て航空機関士の乗務が不要な機体となったからです。

当時に航空機関士として働いていた人々は、航空機取扱のスキルを活かすことができる別の職へと転職することになりました。現在では、航空機関士として働いている人は軍用機や海外における大型・中型の旅客機に乗務していることがほとんどです。

航空機関士に必要な資格

航空機関士は国家資格です。資格は国土交通省が運営管理をおこなっています。

航空機関士の技能証明(資格)を得るためには、18歳以上で100時間以上の実地訓練が必要。もしくは、1年以上の航空機の整備経験を有しており、50時間以上の航空機関士の実地訓練が必須です。

その後身体検査を受け、航空機関士の学科試験があります。学科試験合格後、実施試験を2年以内に受け合格すれば、技能証明を得ることで航空機関士になることができます。

軍用機に搭乗する場合でも、航空機関士となる手順は同じです。海外で航空機関士となる場合でも、基本的には同じで、学科試験・実地訓練・身体検査が3セットとなっています。

航空機関士として活躍するために必要な能力

航空機関士として活躍するためは、操縦装置に関する専門的な知識が必要です。航空機関士は、飛行機に実際に乗って操縦装置の整備を一人でおこなわなければなりません。

そして、整備士に対して飛行時の情報を伝えることが必要です。このように、航空機関士には、操縦装置に関するあらゆる高度な知識を身に着けておかなければなりません。

さらに、飛行機の操縦はチームプレーなので、パイロットときちんとコミュニケーションをとって飛行機の安全な航行に尽くし、操縦装置に関する不具合について整備士に的確に伝えなければなりません。

このような意味で、コミュニケーション能力も非常に重要です。専門用語を使いながらも、わかりやすく相手に状況を伝えられる能力が求められます。