サッカー選手になるには?プレッシャーに負けない精神力が必要

記事の著者:1036789

子供がなりたい職業ランキングで、必ず上位にランクインするサッカー選手。

Jリーグ発足以来、日本のサッカーのレベルは格段に上がり、香川真司選手や本田圭佑選手など日本だけではなく世界で活躍する選手も増えてきました。

そんな日本人サッカー選手の華麗なプレーは、国内だけにとどまらず世界中の注目の的です。しかしサッカー選手になるには、厳しい環境で競争し、勝ち残らなくてはなりません。

サッカー選手のなり方

プロのサッカー選手になるということは、一般的にJリーグといわれる公益社団法人日本プロサッカーリーグに加盟するクラブチームに所属している選手になることです。

そのような、プロのサッカー選手になるには、主に2つの方法があります。

1つは、高校や大学の部活から、大きな大会に出場し、スカウトされプロのクラブチームに入団する方法です。

毎年、全国高校サッカー選手権やインターハイ、大学サッカーといった大きな大会が開催されています。また学校によっては、プロチームとの練習試合も開催されているチームもあります。そのような、大きな舞台で活躍することで、スカウトされることが1つの方法です。

ただし、全ての学校が大きな大会に出場できるとはかぎりません。全国大会の常連校であれば活躍する場面も増え、スカウトの目にとまるチャンスも増えることから、強豪校へ入学することがベストです

もう1つは、クラブチームが持っているユースチームに所属して、そこで活躍しプロ契約を結ぶ方法です。

クラブチームは、ジュニア、ユースジュニア、ユースの3つのチームがあり、それぞれ、小学生、中学生、高校生を対象としています。

実際にプロのサッカー選手の中には、小学生のころからジュニアチームに所属していた人が多いです。最終的に高校生対象のユースチームで活躍することで、所属するクラブチームに入団するチャンスを得ることができます。

サッカー選手に必要な資格

サッカー選手になるには、特別な資格は必要ありません。特定の資格ではなく、サッカー選手としての実績や能力、将来性だけが評価されるからです。

サッカー選手を目指す人の中で、本当にプロのサッカー選手として活躍できる人は、ほんのひと握り。そのため、サッカー選手になるには、自分の能力を信じて、人の2倍も3倍も努力する必要があります。

資格に頼るのではなく、自分自身のサッカー選手としての能力を磨きつづける向上は不可欠。そして、サッカーを愛し、サッカーを楽しめることこそ、サッカー選手としてふさわしい資格です。

サッカー選手として活躍するために必要な能力

プロのサッカー選手として、Jリーグやワールドカップなどの第1線で、何年も活躍しつづけることはとても困難です。

そのためには卓越した身体能力が必要であり、その能力を衰えさせず持ちつづけること、そのための惜しみない努力が必要です。

そして、大舞台でのびのびとプレーできる精神力とストレス耐性も必要な素質。さらに、チャンスを逃さない強運の持ち主であることも能力のひとつです。

ただ最も重要なのが、サッカーを楽しみながら努力できる才能。もって生まれた能力と運を活かすのは、自分の努力次第です。