作曲家になるには?音楽に対する才能と感性が不可欠

記事の著者:1036789

美しい音楽をつむぎだす作曲家の仕事。さまざまな音楽があふれる現代、そのニーズは多岐にわたり、作曲家は、今やアーティストの中でも、もっともポピュラーな職業です。

音楽を愛する人にとって、あこがれの職業でもある作曲家。しかし好きな音楽を仕事にできる人は、ほんの一握りです。

作曲家として活躍するのももちろん狭き門で、音楽知識はもちろん、才能も必要になります。

作曲家のなり方

作曲家になるには、さまざまなルートがあります。音楽には、クラシックからロックまで、幅広いジャンルがあるからです。

クラシック音楽の作曲家になるには、音楽大学で専門知識を基礎から学ぶのがベスト。

クラシックの作曲家は、あらゆる楽器のパートごとに譜面を書くため、クラシックの専門知識だけではなく楽器の演奏と精通しておく必要があるからです。

作曲家にとって楽器の演奏は必要不可欠。大学の作曲科で作曲について学ぶほか、ピアノやバイオリンの演奏を学びながら作曲家への道を進みます。

ただ、音楽大学を卒業したら、作曲家としてデビューできるわけではありません。

大学在学中や卒業後に、コンクールに作品を出品入賞し、ひとりの作曲家として認められることが必要です。そのようにして、作曲家としての一歩を踏みだすことができます。

クラシック音楽の作曲家の場合、クラシックだけではなく、映画やドラマの音楽、BGMなどの作曲家として活躍する場合も。

ポピュラーミュージックやロックであれば、作品を作り、コンクールやオーディションに参加し、入賞することで作曲家としての道が開けます。

この場合は、バンドやミュージシャンに楽曲を提供したり、自分自身で曲を書き歌うシンガーソングライターとして活動する場合など、さまざまな方法があります。

経験や学歴よりも、とにかく、よい曲を書き、作曲家として認められる糸口をつかむことが、作曲家としての第一歩です。また作曲家になるには、自分自身がどのような音楽を目指すのかを明確にしておくことが大切です。

作曲家に必要な資格

作曲家になるには、特別な資格は必要ありません。

作曲家になるために必要なのは、音楽に対する知識と感性、才能です。そのため作曲家は、基礎的な音楽知識さえあれば誰にでもチャンスがある職業です。

ただし、資格が必要な職業のように、資格を取得したらその仕事でずっと収入を得られるものではありません。とくにポピュラーミュージックの作曲家の場合、作曲した音楽が時代に合わず受け入れられなくと、急に仕事が減るということもありえます。

その点からいっても安定して収入を得られる補償はなく、一生自分の能力を磨きつづけなければならない職業です。

作曲家として活躍するために必要な能力

作曲家になるには、新しい音楽を次々に産みだすことのできる創造意欲と、トレンドに対する好奇心が旺盛であることが必要です。

音感がすぐれていることも、作曲家になる条件。譜面を書いたり読んだりできなくても、音感がしっかりしていることで曲を作ることができます。

また、いくら音楽が好きといってもプロとして仕事にしていくのであれば、クライアントのニーズに応えられるコミュニケーション力や対応力は必須です。

作曲家は、自宅でコツコツと作曲するだけではありません。クライアントや編曲家、作詞家など、さまざまな役割の人々と目標を共有し、作り上げていける協調性が重要になります。