司書教諭になるには?生徒とのコミュニケーションも大事

記事の著者:1036789

司書教諭とは、学校図書館の運営と図書館教育に関するスペシャリストです。

2003年から12学級以上の学校には、司書教諭を必ず置くことが義務付けられたため、生徒にとっても身近な存在になりました。その仕事内容は、読書の指導やアドバイスから図書の貸しだしのように事務的な仕事など、学校図書館に関すること全般を任されています。

そして司書教諭になるには、図書に関する専門知識や子供の教育に関することまで、幅広い知識が必須です。

司書教諭のなり方

司書教諭は、学校図書館の運営とともに、教員としての業務もこなさなければなりません。司書教諭になるには、まず教員と司書としての知識の両方の単位が取得できる大学や短大で学ぶことが必須です。

大学や短大で、小学校、中学校、高等学校、特別養護学校の教員になるために教育実習などで教員としての知識を身につけながら、司書としての専門知識を習得します。

しかし教員免許と司書教諭の資格を取得したからといって、卒業後すぐに司書教諭になるわけではありません。

司書教諭は一般的に、教員としての業務の兼務が必要です。そのため、小学校、中学校、高等学校の教員として採用されなければなりません。教員として採用されたあと、司書教諭を任命されてはじめて司書教諭として働くことが可能です。

司書教諭の資格取得そのものには年齢制限はありませんが、教員採用の条件に年齢制限が設けられている場合があります。

また自治体によっては教員との兼任ではなく、複数の学校の司書教諭を同時に任せられる司書教諭を採用する場合も。

なかには学校事務員が学校図書館の業務を兼任する場合もありますが、その場合は「学校司書」と呼ばれ、司書教諭と区別しています。

司書教諭になるには、教育委員会や学校法人によって、給与や日数など採用条件はさまざま。前もって、どのような採用条件になっているのかを調べておく必要があります。

司書教諭に必要な資格

司書教諭になるには、「司書教諭」と「教員免許」両方の資格が必要です。

小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、いずれかの教員免許を取得した上で、学校図書館司書教諭講習を受講。そこでようやく、司書教諭の資格を取得することができます。

司書教諭は「資格」なので免許状はなく、司書教諭講習修了証書が文部科学省から交付され、更新制度はありません。

また学校図書館司書教諭講習は、大学に2年以上在学し、62単位以上を修得している人も受講することができますが、教員免許がないと司書教諭として働くことはできないので注意が必要です。

司書教諭として活躍するために必要な能力

司書教諭になるには、必要な能力として、書籍に対する知的好奇心があることはもちろん、生徒に適切に情報を伝えることができることが必要になります。

そして、司書教諭は教員としての側面もっています。ときには、生徒の気持ちに寄り添いながらも厳しく指導する場面も。そのためにも指導力やコミュニケーション力、統率力は欠かせません。

また、生徒が楽しく親しめるようなアイデアを生みだすために、本のあらゆる分野に精通していてトレンドに敏感であることは必須です。そしてなにより、自分自身が本を楽しめることが最も必要な能力です。