指揮者になるには?幅広い音楽知識と技術が必要

記事の著者:1036789

いろいろな楽器の音が融合したオーケストラは、迫力があってとても感動的です。

そのようなオーケストラにとって指揮者は、総監督のようなもの。すばらしいオーケストラが成立するのは、指揮者がそれぞれの音をとりまとめて、理想の音楽へと全体を導いているからです。

指揮者は、オーケストラにとって最も重要で不可欠な存在。指揮者になるには、秀でた音楽センスが必要です。

指揮者のなり方

指揮者への道は、高校卒業後、音楽大学の指揮科に入学し、楽器と指揮者としての知識とスキルを学ぶことからはじまります。音楽大学の入学難易度はさまざまですが、有名大学によっては4次試験まであるくらい難関です。

音楽大学の指揮科に入学するには、必ず楽器の実技試験があります。そのため、ピアノやバイオリンなどの演奏技術は必須。そのことから、幼いころから楽器に親しむことこそが、本当のスタートといえます。

指揮科を卒業したとしても、実際に指揮者と活躍できる人はほんのひと握り。卓越した音楽技術と感性を持った人材のみです。しかも、国内で指揮者を職業としている人は、ほんの数人。指揮者になるには、それだけ狭き門だということです。

指揮者になるための狭き門をくぐるには、指揮者のコンクールでの上位入賞を目指す方法や、楽団に所属し演奏家としてキャリアを積みながら指揮者を目指す方法などがあります。

また、アメリカのジュリアード音楽院のような海外の有名音楽学校で学んだり、有名な指導者に師事をうけながら、技術と感性を磨きつづける人もいます。

指揮者になるには、いすれにしても、非常に狭き門です。指揮者という仕事は、人並み以上に音楽を愛し、そのために努力を惜しまない忍耐強さが必要な職業だといえます。

指揮者に必要な資格

指揮者になるには、資格は必要ありません。音楽に関する資格よりも、指揮者としての知識と技術のほうが重要だからです。

そのため、指揮者を目指す多くの人が、音楽大学の指揮科へ進学します。そして指揮者としての知識はもとより、さまざまな楽器についての知識と演奏について学びを深めます。

また、指揮者の表現方法によってオーケストラは変わっていくものです。そのため、技術だけではなく、作曲者がどのような想いで曲を書いたのか、その内面まで理解した上で表現をしなければなりません。

指揮者にとって資格取得より大切なことは、幅広く知識と技術を習得することです。

指揮者として活躍するために必要な能力

指揮者になるには最も重要な能力として、「統率力」があります。

さまざまな個性のある楽器と奏者を、ひとつの音楽としてまとめていくためには、たぐいまれなリーダーシップとそれぞれの奏者とのコミュニケーション力を必要とします。

ときには厳しく指導や指示をおこない、理想の音楽をともに目指し奏者と関わっていく、それが指揮者の仕事です。

そして、卓越した演奏技術と音楽に対しての理解が必要。芸術家としての技術と感性、そして統率力をバランスよく持ちあわせることが、指揮者に必要な能力です。