詩人になるには?豊かな感受性と言葉の表現力が必要

記事の著者:1036789

詩は、感動や情景、感情を言葉にのせ、表現したもの。詩をつづる詩人とは、たとえるならば言葉の達人であり表現者です。

詩人は、感性豊かにそれを言葉でつむいでいていきます。そんな、詩人になるには、たぐいまれなる感性が必要です。

たくさんの人が、詩人による豊かな表現力あふれた言葉で感動します。詩人とは、世の中の人に感動を与える仕事です。

詩人なり方

詩人になるには、決まった方法はありません。もちろん学歴も必要ありませんので、詩を書くことで好きであれば、だれにでもチャンスがあります。

詩人になるには、まず詩のコンテストに投稿し、上位入賞することからはじまります。コンテストによっては賞金が出る場合がありますので、そこで収入を得ることも可能です。また、それをきっかけに、詩人として名が知られ世間に認められる可能性もあります。

ただし、純粋に詩人だけで生活できることは、非常に難しいです。

詩集自体のニーズが少なく、新規に出版されることがまれな上に、よほど有名な作家でないかぎり出版社から原稿の依頼を受けることがないからです。そのためほとんどの人が本業のかたわら趣味として詩を書き、詩集を自費出版しています。

詩人は作家の中でも、とくに狭い分野であり、収入を得るには大変難しい職業です。

職業として収入を得る方法として、その文章力を活かして、曲に詩をつける作詞家やドラマの脚本家、小説などの作家として活躍する道があります。

有名な作家であれば、出版社や番組制作会社からオファーがくることも。そうでなければ、コンテストに投稿して入賞して作家として認められなければなりません。ただし、それもだれもができる仕事ではなく、仕事として収入にできる人はひと握りです。

詩人に必要な資格

詩人になるには、特別な資格は必要ありません。強いていえば、詩を書くためにもっておくと便利は検定として、語彙力検定や漢字検定があります。しかし、必ず必要な資格ではありません。

詩人に必要なのは資格よりも、日頃から1つでも多くの作品を書くことです。プロの詩人の中には、1つの詩を完成させるために、100の詩を書く、という人もいます。それだけ書かないと、卓越した詩は生まれません。

多くの作品を作るためにも日常生活の中でさまざまな体験をしたり、本や映画をみて疑似体験することで感受性を磨くことこそが、詩人にとって最も必要なことです。

詩人として活躍するために必要な能力

詩人として活躍するために必要な能力として一番にあげられるのは、豊かな感受性と言葉の表現力です。

詩は、最も適切な言葉で、さまざまな感情や状況、感じたことを表現します。そのため、ささいなことも繊細に感じとる感受性と、言葉を駆使する才能が必要です。また、多くの言葉を知っていなければ詩は書けません。

そして、日の目を見ることがなくてもコツコツと書き続ける根気強さ、諦めない気持ちも必要です。

詩人になるには、1つの作品を完成させるための言葉に対するこだわり、そしてなにより詩を愛する気持ちが、一番もっておくべきものです。

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。