歯科医師になるには?難関の歯学部入学が必須

記事の著者:1036789

歯科医師は、歯や口腔内の疾患の治療、保健指導を専門におこなう医師です。

歯は、一度破損すると二度と再生することはありません。そのような歯を治療する歯科医師になるには、かなり高度な技術と知識が必要です。

また歯科医師は、医師の中でも身近な存在なので、人柄も重要視されます。

歯科医師のなり方

歯科医師になるには、学校教育法に基づく大学の歯学部に入学することからはじまります。

しかし歯学部は、言わずと知れた難関の学部。特に国公立は難関です。私立大学となると授業料がかなり高額になるため、学費の安い国公立に人気が集中してしまいます。

難関の歯学部に入学するためには、中学、高校のころから受験のための準備を進める必要があり、それこそが、歯科医師になるための本当のスタートです。

大学の歯学部は6年制。1~4年生までは教養と歯科の基礎知識を学び、5年生から実際の病院で臨床実習がはじまります。ほかの学部と比べても、ゼミや研究、卒業試験など多忙なところも歯学部の特徴です。

卒業すると歯科医師国家試験の受験資格が与えられ、合格してはじめて歯科医師の資格を得るのですが、それだけでは歯科医師になることはできません。

卒業後は次のステップとして、1年間の臨床研修、いわゆる研修医として医療機関で従事することになります。実際の医療現場で、患者さんとのコミュニケーションの取り方を学びながら、必要な技術や知識を習得。

このように、いくつもの難関を経て、ようやく歯科医として働くことができます。

臨床研修終了後は、そのまま研修先の病院で勤務したり、一般の病院や大学病院で勤務する場合もありますが、ほかの医師と比べて開業するケースが多いことは歯科医師の特徴です。

歯科医師に必要な資格

歯科医師になるには、国家資格である歯科医師免許が必須です。歯科医師免許は、6年制の大学歯学部を卒業することで受験資格が与えられます。

歯学部を卒業後、歯科医師国家試験を受験、合格し、歯科医籍に登録することで歯科医師免許が発行されます。歯科医師免許に更新制度はなく、取り消し処分を受けない限り、一度取得すると一生有効です。

試験は毎年1回おこなわれ、約60%の合格率で毎年推移しています。合格率が60%といっても、歯学部へ入学、卒業して、受験資格を得るだけでも大変な資格です。難関資格であることには変わりはないです。

歯科医師として活躍するために必要な能力

歯科医師になるには、長い教育を受け、多くの難関を突破しなければなりません。そして、高度な技術と知識が必要です。歯科医師として活躍するためには、それをクリアできるだけの知力と向上心が必要です。

歯科の分野でも医療技術はつねに進歩し続けます。そのため、絶えることのない探究心も欠かせません。

また狭い口の中で、2度と再生しない歯の治療をおこなうことは大変繊細な作業です。それを実践できるだけの手先の器用さも必須能力の1つです。

そして、患者さんのとのコミュニケーション力、開業するのであれば経営力やマネジメント力など、歯科医師になるにはさまざまな能力がバランスよく必要とされます。