照明デザイナーになるには?専門学校で、知識やスキルを身につける必要がある

記事の著者:1103870

照明デザイナーとは、光の効果を利用して、幻想的な空間を作り出す職人のことです。

街を彩るイルミネーションや、建物のライトアップなどを手がけるのも照明デザイナー。Instagramの普及により、証明デザイナーの仕事を知ってもらえる機会も増えてきました。

その結果、照明に対する注目度は上がってきています。これから、注目される照明デザイナーになるにはどのような資格が必要なのでしょうか?

照明デザイナーのなり方

照明デザイナーには、センスや才能が求められます。そのため、技術や基礎知識を専門学校に入学して学ぶことが一般的です。光の使い方やデザインについて学ぶことで、照明デザイナーになるための必要なスキルを身につけることができます。

また照明デザイナーになるには、電気を扱うため、電子回路などの知識も必要です。専門学校では、電気回路についても専門的に勉強できます。

照明デザイナーには、2つの種類がある

照明デザイナーの仕事の多くは、光やイルミネーションを使ってデザインすることですが、「照明器具のデザイナー」を希望する人もいます。

照明器具のデザイナーになりたい場合、美大の造形などの学科を専攻して、造形に関する技術や知識を学ぶことで、センスを磨くことができます。

学校を卒業後は、照明などの関連会社に就職して、業務として指名されたり、受注したりした案件をこなすのが一般的です。

最近では、照明デザインを学ぶスクールや通信で資格が取得できる講座もあります。

照明デザイナーに必要な資格は

照明デザイナーになるためには、法的な資格はいりません。

しかし、照明デザイナーになるには、社団法人照明学会が認定している「照明コンサルタント」という資格と、日本ライティングコーディネート協会が認定している「ライティングコーディネーターの資格」を取得した方が照明デザイナーとして活躍できます。

どちらの資格も、1年間の通信講座を受ければ取得できます。

また、照明コンサルタントやライティングコーディネーターの資格のほかに、照明士やインテリアコーディネーター、インテリアプランナーのような資格は、照明デザイナーとして働くために有効な資格といえるでしょう。

このような資格を取得すれば、実力や知識や技術の証明になるので、就職の幅が広がります。

照明デザイナーとして活躍するために必要な能力

照明デザイナーはお客さんに対してデザインの提案をする必要があるため、伝える力が必要です。同時に、要望を正しく理解する傾聴力も求められます。

最近の照明デザイナーは、イルミネーションブームもあり、数多くの分野から注目されている仕事です。しかし、今後ライバルが多くなる仕事ともいえるでしょう。

生き残っていくためには、奇想天外なオリジナルな発想と、企画力が必要とされる、クリエイティビティの高い職業になります。