ショコラティエになるには?発想力と芸術的センスが必要

記事の著者:1103870

スイーツの中でも、チョコレートを使ったスイーツを作る菓子職人が、ショコラティエと呼ばれています。

クリスマスやバレンタインデーだけでなく、カカオの香りのチョコレート菓子はいつでも人気のお菓子です。

お客様に夢を与えるショコラティエになるには、知識だけじゃなくセンスも必要になります。

ショコラティエのなり方

ショコラティエは、チョコレートを作る職人のことを言います。温度であつかいにくいチョコレートを自由自在に操る必要があり、ほかのスイーツの中でもとくに技術がいる職業です。

ショコラティエになるために資格は必要ありませんが、製菓に関する知識と技術をきちんと身につけなければなりません。ショコラティエは、チョコレートを加工したり装飾したりするだけでなく、パティシエとして製菓の知識や技術も学ばなければなりません。

また食品をあつかうので、食品衛生学や公衆衛生学など食品に関する知識も必要。そしてオリジナルのチョコレート菓子を販売するには、味だけでなく見た目も重要です。すぐれたデザインセンスも必須。

ショコラティエになるには、製菓やスイーツに特化しているコースがある製菓調理専門学校を選んでください。洋菓子作りの知識や技術を基本から学ぶことができて、ショコラティエになるための専攻コースを設けている学校もあります。

高校を出ですぐに洋菓子店につとめることも、ショコラティエになるための方法の一つ。チョコレートは温度で造形が変わるデリケートなお菓子なので、早くから現場でたくさんの経験を積むことも大切です。

ショコラティエは職人なので、腕1本で勝負する実力主義の世界ともいえます。

ショコラティエとして、洋菓子店や菓子メーカーやホテル、レストランなどに就職して修業を積みながら、実力を高めていけば自分の店を持つのも夢ではありません。店を持つには、ショコラティエとしての腕だけではなく経営者としての実力も必要になります。

ショコラティエになる為の必要な資格

本場フランスには、ショコラティの国家資格資格があるので資格を取らなければいけませんが、日本は必要ありません。

しかし、安全にお菓子を作れることを証明する製菓衛生師の資格があると望ましいです。製菓衛生師は、専門学校で1年以上授業を受けていれば、取得することができる資格。専門学校に通わなくても、実務経験が2年以上あれば受験可能です。

製菓衛生師の資格を持っていると信頼度が高まり就職に有利になります。また、キャリアアップに役立つこともあります。

ショコラティエとして活躍するために必要な能力

ショコラティエになるには、お菓子作りのテクニックを、幅広く身につけていなけれはなりません。そのために、菓子職人のなかでも高い技術が求められるのがショコラティエです。

スイーツは見た目で人を引きつけます。そのために、オリジナルの商品を生みだす発想力や芸術的なセンスを持っている方が、ショコラティエとして、活躍できる可能性を秘めています。

ショコラティエとしての腕磨きは現場に出てからが勝負です。いかに技術を自分のものにするか観察力も必要になります。