シンガーソングライターになるには?デビュー後も売れるための努力が必要

記事の著者:1103870

シンガーソングライターは、自分自身で作詞作曲をして、自分の世界観を詞や曲に込めて、多くの人に感動や希望を与えます。

自分のオリジナルの曲を歌って、世間に感動を与える楽曲を届けるシンガーソングライターの仕事は、音楽好きにとってあこがれの仕事です。

しかし、シンガーソングライターとして人気を集められるは、ごく一部の人だけ。さらに、そこから生活できるだけの収入を得る人は、ほんの一握りです。

シンガーソングライターのなり方

歌うことが好きな人は、人に与えられる曲を歌うのではなく、自分の想いを曲に込めて作った曲で感動や勇気を与えたいと思っている人がほとんどです。

シンガーソングライターになるには、詩やメロディだけでなく歌声で感動を与えることができるようにならなければいけません。そのため、ボイストレーニングや発声練習を毎日続けることで歌唱力を付ける努力が必須です。

しかし詩や曲ばかりよくても、歌声が心にひびかないと人々に受けいれてもらえません。

オリジナルの曲を自分のものにできるように、毎日の楽器の練習とボイストレーニングを必ずするようにしてください。

またシンガーソングライターになるには、音楽の専門学校や大学に進学して音楽の基礎を学ぶことも1つの方法です。

そして、基礎を身につけてから、オーディションやコンテストに応募したり、デモテープをレコード会社の担当に届けたり、夢を叶える努力をしなければなりません。

いままでは、シンガーソングライターとしてデビューする定番が路上ライブなどでしたが、最近だとインターネットで楽曲公開をする人が増えています。

YoutubeやSoundCloudやニコニコ動画などに曲を発信することで、多くの人に自分の歌を聴いてもらうことが可能です。路上ライブやインターネットでの発信は、自分で動いてファンを1人でも増やすという心がけが大切です。

音楽アーティストは毎年、400人~500人デビューしています。ほとんどのシンガーソングライターが、名前も曲も覚えてもらえません。苦労してデビューできたとしても、そこから売れるシンガーソングライターになるにはいままで以上の努力が必要です。

シンガーソングライターに必要な資格

シンガーソングライターに必要な資格はありません。また、事務所に所属しなければならないわけでもありません。

ただ必要なこととしてシンガーソングライターは、思いついたメロディを形にするので、ギターやピアノ、キーボードなど得意な楽器があった方がいいです。ピアノやキーボードとアコースティックギターなど、多くの楽器を弾きこなせることは、曲作りのためにプラスになります。

また、路線変更をしたくなったときにも、楽器をたくさん弾けると変更しやすいです。

シンガーソングライターで活躍するために必要な能力

せっかくつかんだデビューのチャンスを逃さないように、周りの人に気遣いできる心の余裕をもつことは大切です。シンガーソングライターは、メディア出演やライブやコンサートで、自分の歌を観客に届けます。いつも同じパフォーマンスでは飽きられてしまうので、新しい工夫をすることも必要です。

また、シンガーソングライターは、歌うことだけが仕事ではありません。だれも見ていないところで、作詞や作曲をして、満足できるまで1人で戦わないといけません。

目立たない作業でも、自分の夢や目標に向かって一人で努力を続けられるような人が、シンガーソングライターに向いている人です。