指圧師になるには?患者を癒やすコミュニケーション力が必要

記事の著者:1036789

指圧は、東洋医学に基づく健康療法。指圧師は、その技術をもちいて、体のコリや痛みをやわらげていきます。

ストレスや肩こりに悩む人々にとって、指圧師は強い味方。最近では気軽に利用できる治療院も増え、以前と比べてとても身近な存在になってきました。

そんな指圧師になるには、東洋医学の知識や、指や手をつかって施術する技術を必要とします。その専門性から、ひとりだけで独立開業を目指すことができる職業です。

指圧師のなり方

指圧師は、正式には「あんまマッサージ指圧師」といいます。その名のとおり、あんま・マッサージ・指圧の知識と技術を持ったスペシャリストです。

指圧とは、身体のコリや痛みを、指や手を使って、患部を圧迫したりマッサージすること。主に、捻挫や骨折などの症状が安定したあと、施術します。指圧師は東洋医学の知識をもちいて、器具や医薬品を使うことなく身体の不調を緩和することができる施術です。

指圧師になるには、高校卒業後、文部科学省指定の学校、厚生労働大臣の養成施設のあんまマッサージ指圧の専門課程に入学します。指定されている学校や施設は、大学、短大、専門学校、特別支援学校などさまざまです。

そこで身体の構造や機能など、指圧師としての専門知識と実技を、3年以上学びます。

そして卒業時に、あんまマッサージ指圧師の国家資格を受験し合格することで、指圧師として就職することができます。

卒業後、指圧師になるには接骨院や治療院だけではなく、病院や福祉施設などに就職。一般企業の中で、従業員のヘルスキーパーとして雇用される場合もあり、活躍の場はかなり広いです。とくに、高齢者が多い福祉施設では、指圧による治療が多く取りいれられています。

接骨院など働きながら指圧師としてのうでを磨いていき、独立開業する人が多いこともこの仕事の特徴です。

指圧師に必要な資格

指圧師になるには資格が必要です。指圧師になるための資格として、「あんまマッサージ指圧師」という国家資格があります。

これは医療系国家資格の1つで、試験に合格し厚生労働省に登録することで、あんまマッサージ指圧師として施術ができるようになります。

あんまマッサージ指圧師の国家資格は、指定の学校で3年間学ぶことで受験資格が得ることができ、毎年1回実施されます。

あんまマッサージ指圧師に近い資格として、はり師、きゅう師、カイロプラクティック、リフレクソロジーなどがありますが、指圧に関する国家資格は、あんまマッサージ指圧師だけです。

指圧師として活躍するために必要な能力

指圧師は、指圧の技術自体が力を使う仕事でもあるため、長時間、指圧し続ける体力と持久力は欠かせません。

また、医療従事者でもありながら、就業先によってはサービス業という側面も持っています。そのため、患者さんとのコミュニケーションは必須です。

患者がなにに困っているのか、正しくニーズをくみ取ることが必要です。また、辛い痛みを抱えている患者さんに対して、優しく話しかけながら接することが要求されます。コミュニケーション力は、高齢者の多い福祉施設などでは、とくに必要な能力。

そして指圧師は、患者さんと直接接する仕事です。人の役に立ちたいという気持ちを忘れないこと、これこそ最も大切で重要な能力です。