心理カウンセラーになるには?大学で専門的に心理学を学ぶのが基本

記事の著者:1103870

心理カウンセラーは、相手の話を聞いて、気持ちを理解するプロフェッショナルです。

ストレス社会といわれている今の日本は、こころの問題を抱えている人が増加しています。心理カウンセラーは、現在の社会で注目されている職業です。

心理カウンセラーになる方法について紹介します。

心理カウンセラーになるには

ストレスを抱えた人が多い現代社会では、学校や病院、企業などさまざまな場所で、こころの問題の解決をサポートする心理カウンセラーの存在が求められています。

心理カウンセラーになるには大学で専門的に心理学を学ぶのが基本です。

4年生大学の心理学科や臨床心理学科、カウンセリングコースなどを専攻して、大学院でカウンセラーについての深い知識を学びます。

心理学部のほかに教育学科や社会福祉学科、人間福祉学科でも心理学について学ぶことが可能です。

心理カウンセラーとして、活躍できる場所は多いです。その場所によってや呼び方なども変わります。

学校などの教育機関などではスクールカウンセラーとして働き、医療機関などでは患者とその家族のほか、医療従事者のメンタルケアをおこないます。

最近は、企業でも社員などの悩みを聞く心理カウンセラーを置く企業が増えています。

そのほかに、介護や福祉の現場や地域やコミュニティーなどでも活躍しています。

自分がどの方面で心理カウンセラーとして活躍したいのか決めておくことが大事です。

心理カウンセラーに必要な資格

心理カウンセラーになるために必須の資格はありません。しかし、持っていると有利になる資格がいくつかあります。

たくさんある中で、最も専門性が高いといわれるのが「臨床心理士」の資格です。持っていることで就職先の幅が広がります。

臨床心理士の資格を取るには、大学院で心理学について学ばなくてはなりません。指定大学院の修士をとると臨床心理士試験を受ける事ができます。

公的機関の心理カウンセラーとして働く場合や学校のスクールカウンセラーとして働きたい場合は、臨床心理士の資格が必須であることがあります。

「産業カウンセラー」は、社団法人日本産業カウンセラー協会が認定する資格になります。企業内にある相談室などで心理カウンセラーとして働きたい場合に生かせる資格になります。

上記の2つの資格は民間資格になります。これから紹介する「公認心理師」の資格は国家資格です。

公認心理師の資格を取得するには、大学院を卒業しているか、大卒で心理的サポートの実務経験が2年以上あることが条件になります。

心理カウンセラーで活躍するために必要な能力

心理カウンセラーは、相談者から話を上手に聞き出さなくてはなりません。そのために、相談者に話しやすい雰囲気を作ることが大切です。

相談者は、心理カウンセラーに苦しいことを打ち明けることで、心の悩みを解決していきます。

そのため心理カウンセラーは、人とうまくコミュニケーションがとれることが求められます。

まずは転職サイトで可能性を

心理カウンセラーへの転職を考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTには、心理カウンセラーへの転職実績が多数あります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのがよいでしょう。

リクナビNEXTのサイトを見る