管理栄養士はつらい、きつい?ちょっとしたミスで、患者の命に関わることもある

記事の著者:1889196

管理栄養士は、病気や高齢などの理由で食事が取りづらくなっている人や、栄養面でサポートが必要な人など、一人ひとりに合わせて栄養指導をおこなうのが仕事です。ほかにも、給食管理として働くこともあります。

医療施設・老人福祉施設・介護保険施設・児童福祉施設など、あらゆる施設で活躍の場があり、現在、需要が高まっている管理栄養士。

最近では高齢者の数も増えているため注目が集まっている職業の1つでもあります。そんな管理栄養士について紹介します。

管理栄養士として、つらい・きついと思った瞬間

管理栄養士は、病院勤務の場合、身長・体重・年齢といった患者さんの体格に合わせた食事を考え、提供する必要があります。

さらに自分で歩けるのか、車いすを使用しているのか、など活動状況を考慮し、カロリーを計算してから献立を考えることが必要。そのため非常に頭を使う仕事なのです。

工夫を求められる、責任の重い仕事

体力がない人のメニューを考えるときは、短時間で栄養が摂れるように食事内容をコンパクトにする、補助の食品をつけるよう提案するなどの工夫が求められます。

ほかにも、病気の患者の献立を間違えてしまうと、命に関わる問題になることもあり、責任の重い仕事であるともいえます。家で料理を作るのと同じようにリラックスして働けるわけではないので、そこにギャップを感じてしまう人も少なくありません。

また行事やイベントがあるときは、見た目などにもこだわって考えなくてはいけなく、なかなか帰れないこともあります。

スタッフとのコミュニケーションが大変

メニューをただ考えればいいのではなく、厨房の人手不足の時などは、できる限り簡単なメニューを考案したり、厨房のスタッフだけではなく、外部の発注業者も考慮して、業務を考える必要があります。

またスタッフはそれぞれ考え方が違うので、全員の意見を取り入れながら最適なメニューを考えなければ、チームの雰囲気が乱れてしまう可能性もあります。

調理師や調理員以外にも、病院であれば看護師など、あらゆる職種の人とコミュニケーションを取り、意見の調整をしなければならないのもつらいと思うことがあります。

また逆に、施設で1人の場合も少なくなく、厨房に入り調理補助をし、献立も考え、材料の発注もすべて1人がおこなうこともあります。

つらさ・きつさの解決方法

食事のメニューに関して1人で抱え込んでしまう、管理栄養士は少なくありません。

しかし病院なら、患者が噛むことや飲み込みに問題があるときは、医師や看護師、必要であればは言語聴覚士などに相談して見るのがいいでしょう。どのように対応すればよいか、一緒に考えてもらうことで解決するための最善策です。

ほかにも食べられない患者へのサポートで行き詰まってしまったら、周りのスタッフを巻き込み話を聞くことで、解決の糸口が掴めることはよくあります。食べられない要因はいろいろあるので、それぞれの専門家の意見は必ず参考になるでしょう。

働く前と後の印象の違い

管理栄養士は、健康状態に合わせた栄養メニューのみに、気を配ればいいと思われがちです。しかし、厨房で補助調理をおこなうなど、調理師や周りのスタッフとコミュニケーションをとり、信頼関係を築くことも大切です。

また栄養指導などで、動き回っているイメージがあるかもしれませんが、データのパソコン入力、指導のための資料準備、患者さんの記録など事務的作業も多い仕事です。

ほかにも入院生活が続き不満がたまった患者から嫌な態度をさせることもあるかもしれません。そんなときでも患者には丁寧・親切に接することが大切な、大変な仕事でもあります。

しかし生きていくために欠かせない食事に関してのプロフェッショナルである管理栄養士は、どの職場でもとても重要な存在です。仲間と助け合うことで、まずは少しでも楽しく働くことができるよう努力をしてみるのがいいかもしれません。