言語聴覚士になるには?国が指定している学校を卒業する必要がある

記事の著者:1528961

言語聴覚士は、1997年に国家資格となった新しいリハビリテーション専門の職業です。事故による障害や、生まれつきの障害により、「話す」「聞く(理解する)」「食べる」という動作が困難位なった人のリハビリを専門におこなう専門職です。

日常生活に必要な動作のリハビリ専門で、まだ新しい資格であるにもかかわらず、その需要は高まっています。今回は言語聴覚士になる方法を紹介します。

言語聴覚士になるためには?

言語聴覚士になるには、国家試験合格が必要になります。合計200問の筆記問題、合格率は70%程度です。

言語聴覚士国家試験の受験資格を得るためには、文部科学大臣や都道府県知事が指定する大学院・大学・短期大学・専門学校を卒業する必要があります。

具体的な学校には、東海学院大学・神戸学院大学・九州保健福祉大学・川崎医療福祉大学・国際医療福祉大学・昭和女子大学・武蔵野大学・帝京平成大学などがあげられます。現在は61校が文部科学大臣、厚生労働大臣の指定を受けて言語聴覚士の養成をおこなっています。

学校では、失語障害・高次機能障害・言語発達障害・聴覚障害・摂食・嚥下障害などの原因や症状、治療法および、リハビリテーション技術を学ぶことになります。

このように言語聴覚士は仕事の領域が広いため、幅広い専門知識と豊富な実習経験を積んでおきたいなら4年制の学校がおすすめですが、できるだけ早く資格を取得して現場に出ることを目指すなら3年制の学校も候補に入れてもいいでしょう。

だたし最近では、国家試験がなくても言語聴覚士のサポートをするアルバイト・パート求人が増えています。しかし言語聴覚士と名乗って働くには、国家資格の合格が必要になります。

言語聴覚士の勤務先はどこ?

国家試験後、医療機関や介護・福祉施設、聾(ろう)学校、養護学校、児童相談所になります。

就職先として最も多いのは医療機関。総合病院のリハビリテーション科に所属し、患者とトレーニングをします。また、老人ホームや障害者支援施設といった福祉施設でも、食べるのが困難なお年寄りのサポートをおこなっていきます。

聾(ろう)学校、養護学校、児童相談所では、会話やコミュニケーションが難しい子どもの教育や育成の手助けをするのが仕事になります。

多くの現場で必要とされる職種のため、就職には困ることはないでしょう。ただし勤務先によって働き方や患者も変わってくるため、自分がどのように仕事をしていきたいのか、考えたうえで勤務先を決めるのがおすすめです。

言語聴覚士として、活躍するために必要な能力

言語聴覚士として活躍するためには、相手の立場を理解し、コミュニケーションを諦めずに取りづづけることが大切です。

言語聴覚士は、障害を抱える人を支える職業です。リハビリがうまくいかず、苛立つ患者さんも多いでしょう。先天性ではなく事故によって、いきなり体が動かなくなってしまった人もいます。思うように動けないことは、患者にとっては大きなストレスです。

そんなときは、励まし続けなくてはいけません。どんなに嫌がられても、患者が日常生活を送れるようになるまで、リハビリを続けられるようサポートすることが仕事です。そのためには、体のリハビリだけでなく、心のリハビリもおこなう必要があるでしょう。

また生命科学や脳科学の分野は毎日研究がおこなわれています。そして病気に関する制度も定期的に変化します。資格取得後も、勉強が必要になる仕事ともいえるでしょう。

まずは転職サイトで可能性を

言語聴覚士への転職を考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTには、言語聴覚士をサポートできるアルバイトやパート、契約社員の求人掲載もあります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)