美容師をやめたい・転職したい。アシスタント時代は、生活していくことも苦しい

記事の著者:289110

厚生労働省の調べによると、美容師の離職率は1年目で約50%、3年目で約80%、10年目で約92%です。

1年で2人に1人が辞めている美容師。美容師に憧れ、高いお金を出して美容学校に入り、やっとサロンで美容師の仕事ができてもやめたいと感じる人は多いのです。

美容師はとても素晴らしい職業ですが、労働時間や待遇面など労務環境での悩みが積みかさなり、自分の将来に不安を感じることもあります。

今回は、美容師をやめたいと思う瞬間・おすすめの転職先を紹介していきます。

美容師をやめたい・転職したいと思った瞬間

華やかな職業である美容師は、実は金銭的な悩みが尽きません。

アシスタント期間が長い

アシスタントは給料が安いのに練習用の教材や道具を自分で買わなければならず、生活が苦しく転職を考える人が多いです。

美容学校を卒業した同期がスタイリストになっているのに自分はアシスタントをしている場合など、他人と比較して落ち込みやめたいと思います。

さらに美容師の年収はスタイリストになったとしても300万円程度。民間給与実態統計調査結果によると、日本人の平均年収は432万円なので、昇給していったとしても美容師の年収は高いとはいえないでしょう。

ストレス・待遇への不満

アシスタントからスタートし勤務後や休日も練習や研修を繰り返し、いざスタイリストとして1人立ちをしても日々新しいトレンドやスキルアップを求められる環境が待っています。

土日が休みではないため、不規則な生活を強いられことも多いでしょう。そんな日常から感じるストレスは、とても大きいものです。

待遇面も、アシスタントからスタイリストになったときの差はわずかなことから、将来へのモチベーション低下の原因にもなります。

美容師をやめる・転職するべき人の特徴

美容師をやめるべき人は、サロンでの教育プログラムについていけない・お客さんとの会話が苦痛・仕事が楽しいと思えないなどがあげられるでしょう。

実際に専門学校で習ってきたことと、サロンで実践することの間には大きな違いがあります。お客さんとのコミュニケーションはその典型的なパターンです。仕事を苦痛に感じてしまうのであれば、転職を考えてもいいのかもしれません。

美容師をやめる・転職するべきではない人の特徴

美容師をやめるべきでない人の特徴は、美容師に対する夢や仕事に対する熱意を持っている人です。どこの職場でも働く環境が良いとは限らないので、多少の壁にぶつかっても美容師としての目標を持ちコツコツ努力している限り美容師をやめるべきではありません。

どうしても続けていくのが無理だと思ったときは美容師をやめるのではなく、勤務先のサロンを変えることから始めてみるのがいいでしょう。

美容師におすすめの転職先

美容師として培った美容業界の知識や接客能力は転職で活かすせるスキルです。

美容機器・美容品メーカー

土日祝休みで規則的な生活を送りたい、今より年収を上げたい、と考えている人は美容メーカーなどの営業や事務職があげられます。

サロンにもシャンプーなどの美容品をおいているので、メーカーとサロンでの商品取引のときに営業の対応を経験した人も多いでしょう。

全国各地にある美容院を対象に営業をしているため、美容師として働いていた人にとっては商品の提案やプレゼンなどもスムーズにおこなうことができます。

メイクアップアーティスト

同じ美容業界として培ってきた美容のスキルやコミュニケーション能力をいかせるメイクアップアーティストは有力な転職先候補です。

結婚式場やイベント先などにおもむき、自分の技術を商売にしていくことで裁量をもって働くことができます。

アパレル販売や接客サービス業

美容師として培ったコミュニケーションスキルは、接客やサービス業でおおいに発揮することができます。

美容師としてさまざまな業種の人とコミュニケーションをとってきたからこそ、質を求められるサービス業ではとても重宝されます。

美容師をやめる・転職する前に考え直してみること

先輩の言葉がきついのはなぜか、他人より時間がかかりすぎるのはなぜかなど、やめたいと思った原因を考え直し試してみることは非常に重要です。

サロンを変えるにしても転職するにしても、自分がどんな部分に対して嫌という感情を持つのかを知っておくのは大切でしょう。

また意外と簡単に解決策が見つかることもあります。髪を切ったり、カラーできるのは美容師だけです。学生時代も美容師になるために時間・お金を使って、努力してきたはず。簡単にあきらめるのはもったいないです。

美容師を円満・確実にやめる方法

美容師をどうしてもやめたい場合、円満・確実にやめるには、穴埋めが比較的簡単にできる美容学生の就活ラッシュの2~4月にやめることでしょう。

また引継ぎ書類を作成し、退職届と共に上司に提出することも重要。なるべく退職する旨を上司や店長に伝えるのが大切です。

まずは転職サイトで可能性を

美容師から転職することを考えてる人は、まずマイナビエージェントに登録しましょう。マイナビエージェントには、大手のみならず中小企業のベンチャー企業への転職実績も多数あります。もちろん美容院サロンの転職実績も。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

マイナビエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。