怒りすぎるのはダメ!言うことを聞かない部下の特徴・対処法

記事の著者:haruki hatano

自分が上司になり、部下を指導する立場になった時、言うことを聞かない部下について悩む人も多いでしょう。
指示に従わず反抗的な態度を取られると、指導する側が心身のバランスを崩してしまう事も。

今回は、そんな悩みを解決するために、言うことを聞かない部下の特徴を5つピックアップし、各パターン別に対処法をまとめました。

上司の未来予想図が見えていない部下

部下は、自分の未来がこの先どうなるのか、不安を抱えています。
上司のこれからの挑戦に、自分を託せるものかどうか、判断したいのです。

仕事において上司の挑戦が見えない場合、部下はその上司から離れていきます。
言うことを聞かない部下の心をつなぎとめるには、上司の未来予想図がきちんと伝わっているかどうか確認することが大事です。

任せてもらえない部下

部下を指導する立場になれば、そのぶん業務量も増大するでしょう。

増えた分の仕事を部下に任せず、何もかも自分でやらなきゃと思っていると、部下は「どうして自分に仕事を任せてくれないのか?」と不信感を持ち始めます。
信頼関係の低下につながり、部下が上司の言うことを聞かない状況を招く原因になりかねません。

まずは部下を信頼して、任せられる事はしっかり任せる態度が重要です。
また、自分で抱え込みすぎるあまり、職場でイライラしながら仕事をする姿を部下に見せてはいけません。

ジェネレーションギャップがある部下

上司が部下に対して、「黙ってやれ!」という時代は終わりました。
そんなことを言ってしまうと、部下は会社に行きたくないなどと言い出して、仕事ができない状態になります。

それは甘えだという声もありますが、甘えと切り捨てるだけではこの問題は解決しません。
上司と部下の間にジェネレーションギャップがあるため、うまく意思疎通が図れていないのです。

状況を改善するには、相手を無理やり変えるのではなくて、自分が変わること。
そうすれば、上手なコミュニケーションを取ることにつながるかもしれません。

不公平感をもつ部下

部下が上司から与えられた仕事を懸命にこなしたとしても、仕事に対して正当な評価を受けることができない場合、部下は仕事に対してやる気をなくします。

特に、上司が特定の部下にだけえこひいきするような状況は最悪です。
これが日常的に行われると、その上司を無視するようになります。

仕事に対する評価指標の透明性・公平性は、部下との信頼関係を維持するには必須です。

上司の威厳にうんざりしている部下

時として、部下に対し上司としての威厳を示す必要がありますが、いつも威厳が必要というわけではありません。
部下が言うことを聞かず、何度も同じ失敗を繰り返しているような場合に、部下の行動や姿勢を正すために威厳を示すのが望ましいもの。

部下の失敗を必要以上に責めることは、威厳の濫用にしかなりません。
自分ならばこうやって対処する、などという言い方は、自慢話の押し付けに聞こえてしまいます。

上司は自信がないから虚勢を張らないとダメなんだと勘違いされ、信頼を失うでしょう。
思い当たるフシがあるなら、威厳の使い方を見直すことをお勧めします。