レコーディング・エンジニアになるには?現場で経験を積むことが成功のカギ

記事の著者:1691624

レコーディングエンジニアは音を扱うプロです。アーティストの想いや魅力を音にのせる指揮を執るポジションにあり、音楽の印象や質のカギを握る重要な存在です。

報酬は実力や仕事内容、携わるアーティストの格にもよりますが、1日数十万円にのぼることもあります。大手レコード会社の場合は平均年収は700万円程度と高収入が見込め、有名アーティストに腕を認められた場合などは独立する人もいます。

今回は、「レコーディングエンジニア」について、なり方や必要なスキル等を解説していきます。

レコーディングエンジニアのなり方

レコーディングエンジニアは新卒で就ける職種ではありません。最初はアシスタントや見習いとしてレコーディングスタジオやレコード制作会社へ就職し、現場で経験を積むことになります。

プロの現場に出てからどれだけの経験と技術を習得できるかが、成功を左右します。

音楽大学や工科大学でもレコーディングエンジニアの仕事に役立つカリキュラムはありますが、現場経験が大切な職業なので、遠回りになる可能性が高いです。

ファーストステップとしては、専門学校と現場アルバイトの2つの道があります。

専門学校からのスタート

レコーディングエンジニアに必要なスキルを効率よく学ぶには専門学校がおすすめです。また、就職の際にレコード制作会社やスタジオなどの紹介を受けられることがあるため、王道のキャリアステップといえます。

現場アルバイトからのスタート

高卒からレコーディングスタジオにアルバイトや見習いとして入り、現場経験をより長く持つことを選択してもよいでしょう。

ただ、機材操作の基礎はできていないとアシスタント業務ができないため、独学で学んでおく必要があります。

レコーディングエンジニアに必要な技術

レコーディングエンジニアになるために、習得必須の技術は主に2つです。

Pro Toolsを使いこなす技術

レコーディングエンジニアなら、Pro Toolsを使いこなす技術は必ず習得していなければなりません。

Pro Toolsとは、デジタルで音声の録音、編集、ミキシングなどの作業をスムーズにおこなうための、レコーディングスタジオで使われる標準的なシステムです。

Pro Toolsの動作はほぼMacパソコン上であるため、そのオペレーション技術も必要になります。

音響機器の操作技術

レコーディングエンジニアが扱う音響機器は多種にわたり、操作も複雑です。曲調やボーカルの声質などによってマイクなど多数の機材を選び分け収録環境を整えます。

そして収録した音源は、音色や音量などを調整したり、エフェクタを活用したりと、あらゆる機種を使いわけ理想の音作りをおこないます。

新しい機種が出るたびに使い方をマスターしたり、不調の際は原因を調べたりするなど、機器操作は必須のスキルとなっています。

アピールに役立つ資格

社団法人日本音楽スタジオ協会が主催する2つの資格を紹介します。

サウンドレコーディング技術認定試験

モチベーションの高さをアピールし、アルバイトやアシスタントからの脱却を図る際にはこちらを受験するのもよいでしょう。音響の理論やレコーディング技術をA~Eのランク判定するもので、受験資格は高校卒業以上です。

テキストをしっかり勉強すればA判定も夢ではありません。現場で役立つかというと微妙ではあるものの、意欲の高さをアピールするにはよい材料になります。

ProTools技術認定試験

こちらも受験資格は高校卒業以上です。ProTools技術をA~Eのランク形式で判定されるため、習得レベルのアピールや伸びしろの確認になります。

活躍するために必要な能力

レコーディングを円滑に進めるコミュニケーション能力と、妥協を許さない取り組み姿勢が大切です。

アーティストにとって、作詞などを経て自分の音楽を完成させるレコーディングの場は真剣勝負です。よりよい音を突き詰め、妥協を許さない取り組み姿勢を見せなければ、信頼は得られないでしょう。

また、音へのセンスを高める努力も必要です。そのため普段から耳を磨いておくことは必須です。一流アーティストの曲を聴いたり、優れた音響のあるライブハウスやコンサートに足を運んで、機材知識を広げるなど、センスと知識を高めていきましょう。

さらに、キャリアによって求められる力も異なります。

レコーディングスタジオやエンジニアのプロダクションでのキャリアの場合

プロもアマチュアも関係なく、あらゆるジャンルの仕事が入るため、幅広いジャンルや楽器に精通し、適切な機材選定とアドバイスをおこなう必要があります。

レコード会社やレコード制作会社でのキャリアの場合

アーティストやプロデューサーなどから指名で仕事が入ることが多いです。そのためアーティストの個性や特徴をよく理解した音作りが求められます。意向をすばやくくみ取り、打てば響くような仕事ができれば、次々指名の入る人気エンジニアになるでしょう。一緒に仕事がしたい、仕事がしやすいと思われることが大切です。