歯科助手から転職したい。歯科医師や女性社会のなかでのコミュニケーションはつらい

記事の著者:1894808

日本歯科衛生士会によると、日本全国に歯科診療所は約6万8,000件あるといわれています。そして歯科衛生士の数は2016年時点で12万3,831人となっています。

医療系の職業であり、歯科助手は安定して働くことのできる仕事といえます。しかし京都府歯科医師会が2010年におこなった調査では、65%以上の歯科衛生士が1〜3回、転職もしくは退職しているそうです。

毎年7,000人ほど増加している人気の職業である歯科助手ですが、一体何がきっかけで転職を考えるのでしょうか?

歯科助手から、転職をしたいと思ったきっかけ

歯科医と患者さんの間に立ち、診療をおこないやすいようにすることが主な仕事である歯科助手。患者の不安軽減に努めコミュニケーションをおこななうなど、歯科診療を円滑にするためには欠かせない存在といえます。

しかしそんな歯科助手も、職場内の関係で精神的ストレスを感じたり、給与面から将来へ不安を感じ、「転職をしようか」と考えてしまう人が多いようです。具体的には一体どのような瞬間なのでしょうか?

人間関係からくる精神的ストレス

歯科医院は小〜中規模であることが多く、小さい医院で働いている歯科助手は、人間関係に悩んでしまう人が多いです。

業務内容が院長の方針により変容することが多く、仕事量が多岐になることや、院長からの強い指摘を受けることが多いなど、精神的ストレスを感じる歯科助手は多くいます。

また女性が多い職場であるため、女性特有の陰湿な雰囲気やドロドロした人間関係から、辞めたいと思ってしまうこともあるようです。

給与体系への不満

一般的に歯科助手の年収は200~300万円台であることが多く、正社員として雇用はされているもの経済的不安を抱える人は少なくありません。

国税庁が2017年に実施した、「民間給与実態統計調査結果」によると、日本人の平均年収は432万円。そのため歯科助手は平均年収よりも、100~200万円程度低い年収になります。

医療という安定した仕事ではありますが、幅広い業務をこなすなかで、給与面に不安を感じ、転職を考える人はとても多いです。

退職申告は1ヶ月前までにおこなうのが妥当

退職申告は一般的にとして、直属の上司や院長に申告し、手続きが進む流れになります。中小規模の歯科医院ですと、不足人数を募集に時間を要する事もあるため、1ヶ月前までには申告をすると円滑に退職まで運ぶでしょう。

歯科助手におすすめの転職先

一般企業事務職

一般企業の事務職は、業務内容こそは異なりますが、未経験可の求人もとても多く、転職先としては人気です。福利厚生が安定している企業も多く、長期的に働く上で整っている環境といえます。

歯科医院で取り扱っていた医療品や歯科用具のメーカーであれば、培った商品知識も生かすことができ、転職先としておすすめです。

アパレル販売員・美容品販売員

歯科助手として、お客さんと関わって得たコミュニケーションスキルは販売員として発揮することができます。女性であれば、アパレルや美容品というのは自分にとって身近な商品であるので、イメージも湧きやすいでしょう。

歯科助手が、転職する前に考えておくこと

歯科助手から異業種への転職は難しくありません。自分はスキルがないと不安に思う人は多いかもしれませんが、医療従事者としてきて働いてきた実績は転職で大きな強みになります。

しかし歯科助手は覚えることが多く、歯科医師とのコミュニケーションが大切にはなります。しかし老略男女を関われる仕事は少なくありません。また勤務時間も歯科助手はシフト制であることが多いため、スケジュール調整がしやすかったこともあるでしょう。

一般企業に移ってしまってはそのような経験を詰むことは難しいです。そしてほかの職種に転職する場合、未経験であれば年収は下がる可能性が高いです。

具体的に転職を通してどの点を解消したいのか、本当に転職して後悔はないのかを明確にしたうえで、転職をするようにしましょう。

まずは転職サイトで可能性を

歯科助手から転職を考えてる人は、まず転職サイトに登録してみましょう。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、リクルートエージェント。リクルートエージェントの強みは、企業とのコネクションが強いこと。そのため非公開求人の情報や、企業が求めている人材の情報をいち早くキャッチアップしてくれます。

またあなた専用のプロのアドバイザーが、理想の条件だけでなく、特性を見抜いてぴったりの職場を紹介してくれます。履歴書添削や面接対策もおこなってくれるため、はじめて転職をおこなう人も安心して活用できます。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクルートエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。