タレントから転職!人に関わり、周囲を喜ばせられる仕事がおすすめ

記事の著者:2219632

タレントとは、目立つことが好きであり、コメントや発言など個性や話術で人を楽しませる人のことです。人と違った個性を出すためにと考え、それを言葉や体で表現できることが必要となります。

芸能人は演技や歌などが専門的な仕事になりますが、タレントは芸能人と異なり、個性や人間としての魅力が武器になります。そのため、タレントは誰でもなれるものではありませんし、続けていくのも難しい職業です。テレビに出続けるということの難しさを目の当たりにして転職を考える人もいるでしょう。

今回はタレントから転職を考えたときに、おすすめする異業種や、転職する前に考えておくことなどを紹介します。

転職したいと思ったきっかけ

タレントという仕事は常に新しい人材が出てくるため、非常に厳しい競争社会といえます。そのため自分を磨くため向上心や、情報収集をしたりする探究心などが必要になってきます。

自分を売り込む必要があるため、常に満足することなく、いつも緊張感を持って仕事に挑まなければなりません。そのため、毎日大きな不安やプレッシャーと戦う必要があります。

また一般の企業と違う独特な人間関係があります。俳優、モデル、お笑い芸人など非常に複雑な人間関係を築いていかなければならないのです。そんな人間関係のなか、対立してしまうことはめずらしくありません。誰もがライバルになるため、ギクシャクした雰囲気になってしまうこともあるのです。

誰にも負けないという強い精神力が必要になりますが、そのような複雑な関係に疲れてしまうこともあるでしょう。

タレントを辞めて転職を決めたときは、マネージャーや事務所と誠意をこめて入念に話し合いをすることが大切です。事務所との契約内容、今している仕事、次に決まっている仕事もあるでしょう。それらのことを踏まえて慎重に話を進めていくことが大切です。

まずは身近なマネージャに相談して、事務所に報告するタイミングや順番を決めていく方がいいでしょう。希望をもって次の転職先に進むためにも円満な退職を心がけましょう。

異業種でおすすめの転職先

人を楽しませるという勇気や度胸はとても貴重なアピールポイントです。それも素晴らしい才能の1つでしょう。そのようなサービス精神や話術、とっさの機転や発想力はいろんな転職先で発揮することができるでしょう。

ウエディングプランナー

そのためおすすめする転職先は、ウエディングプランナーです。結婚式のアドバイザーであり、式の準備をはじめ当日まで、結婚式の全てをサポートする仕事です。

人が好きでを喜ばせることが好きであれば、実際に喜んでもらえる姿が見られる非常にやりがいのある仕事といえるでしょう。招待客を楽しませたり、結婚式を盛り上げるためのウエディングプラン、今までの経験を活かした発想力で演出することができるでしょう。

ただし主役は、新郎新婦です。自分の意見を押し付けるのではなく、2人の希望を叶えてえげることが重要になります。

営業職

営業職もおすすめの職業でしょう。顔が知られているということをマイナスではなくアピールポイントにしていくと、今後転職したとき働きやすくなるでしょう。

元タレントであれば、最初の話題のきっかけをつかみやすく、持ち前のコミュニケーションスキルによって良好な信頼関係を築くことができるはずです。

テーマパークスタッフ

次におすすめするのはテーマパークスタッフです。

何より明るく笑顔が大切であり、気配りや心配りが求められます、人を楽しませる仕事というのはタレントの仕事と似ているのではないでしょうか。体力が必要になりますが、お客さんの反応を直に感じられる仕事であるためやりがいを持って取り組めるはずです。

転職する前に考えておくこと

タレントの仕事というものは非常に入れ替わりが激しく、一度やめてしまうと後戻りはできません。それだけの覚悟が必要です。それを理解し、転職するという意思をしっかり固めたうえで行動に移しましょう。

また関係者、出演者、スタッフなどに迷惑をかけないようにするためにも今している仕事を最後までやり遂げ、円満に退職できるか、できないかが、転職後の人生に大きく左右します。

そして芸能界と一般の社会は、違うということも理解しておく必要があります。芸能界は、知名度や芸歴がものをいう世界ですが、一般の会社で成績がトップだからといって威張っていい訳ではありません。

また自分を良く見せるのではなく、いかに相手の気持ちに寄り添え仕事ができるかが、どの職業でも大切になります。