パティシエはつらい、きつい?新しいお菓子を作り出す、独創性やセンスも求められる

記事の著者:1889196

洋菓子を専門に作る菓子職人のことをパティシエと呼び、日本のスイーツブームを巻き起こしている人気の職業です。

パティシエという言葉は、本来、男性の菓子職人のことを指すフランス語です。女性の菓子職人はパティシエールと呼ばれます。

たくさんの人を魅了するスイーツを作りだす華やかなパティシエの職業を紹介します。

つらい・きついと思った瞬間

パティシエの仕事は、一見華やかな仕事に見えますが、小麦粉・砂糖・卵・牛乳など重たい材料を運んだり、クリームや卵白を大量に泡立てるなど力仕事が多い仕事でもあります。

またお菓子の種類も豊富で、それぞれのお菓子について、手順・温度管理・調理時間などを体得しなければらないので、覚えることが多く、途中で挫折する人も少なくありません。

そしてなかでも1番苦労するのは、常に同じ品質のお菓子を毎日提供しなければならないこと。しかし、スイーツはとてもデリケート。天候や室温などちょっとした変化で味が左右されます。

そんなデリケートな食べ物ではありますが、常にお店の中に多数のスイーツを用意できるよう、タイミングよく、スイーツを提供し続けることも大切です。そのため、さまざまな種類のお菓子を同時に作る必要があるため、手際のよさも求められ、見た目以上にきつい仕事といえるでしょう。

最近では、いろいろなスーツが販売されるようになり、常に新しいお菓子を作り出す独創性やセンスも今まで以上に求められます。店舗の数も多いため、お客様に飽きられないようにすることもお店を存続させるには非常に重要なのです。

そして、誕生日やイベントがあるお客さんからオリジナルケーキや焼き菓子などの依頼を受けることあります。特別な受注にも対応できるよう準備をするなど、ただお菓子を作るだけではなく、スケジュールの管理などの雑務も多く、きついと感じるパティシエは少なくありません。

また複数のパティシエがいる職場では、分担して作業をおこないます。1人でも品質の低い作業をおこなってしまうと、せっかくのお菓子が台無しになることもあり、コミュニケーション能力が求められる仕事でもあるのです。

つらさ・きつさの解決方法

毎日、同じ品質それ以上のスイーツを提供しなければならないので、温度や湿度の管理はとても重要です。パティシエは、経験を積み、毎日が勉強であるという謙虚な姿勢で取り組むことが大切です。

パティシエが作るスイーツは、おやつの時間・お祝いごとや記念日など、楽しい時間と共に過ごす食べ物です。特別な時間に皆が笑顔になるスイーツを作ることは、常に幸せをサポートしているやりがいのある仕事だということをもう一度思い出して見るだけでも頑張れるかもしてません。

そしてお店を運営するには、パティシエ・売り子などが協力し合い、お店を盛り上げていくことが重要です。決して一人でお店を切り盛りしているわけではありません。悩みやつらいことは溜め込まず、周りに相談をおこない全員で解決をしていくことで、気持ちも軽くなり、楽しくスイーツを作ることができるでしょう。

働く前と後の印象の違い

お菓子作りが大好きであれば、どんな困難も耐えられると思いがちです。しかしパティシエは、朝早くから作業を開始し、常に新鮮でおいしいスイーツを提供し続ける必要があります。スイーツを作る以外にも掃除や売り上げ金の管理など、スイーツ作り以外にも、必要な作業が多くあることを意識することが重要です。

お店を開く場合、スタッフを雇うのであれば、そのスタッフの人生を背負っているので、簡単にお店をつぶすわけにはいきません。パティシエは、スイーツを作る事だけではなく、お店を続けていくにはどうすればいいか、常に考え続けることが大切です。