看護助手の年収は?国家資格を有する看護師よりも年収は低い

記事の著者:1872293

看護助手の仕事は名前の通り、看護師がおこなう医療行為をサポートすることが主な仕事になります。国家資格を持たないため、注射や点滴など医療行為はできませんが、看護師と連携をとりながら患者の援助やケアといった身の回りの世話をします。

体力勝負な上に人を相手にするのでとてもハードですが、やりがいが感じられる仕事です。

今回はそんな看護助手の年収や給与について紹介していきます。

看護助手の平均年収

看護助手の平均月収は21万円とされていますが、経験年数や雇用形態によっても変動します。

地域によっても差が大きいと言えますが、派遣社員での勤務だと時給1,200円〜1,550円、アルバイトで勤務すると時給850円~1,000円が相場です。

また経験年数のほかにも、前職で介護の経験があったり、医療福祉系の学校を卒業していたりすると、その点を考慮して月収に反映させてくれる会社や病院もあります。

基本給のほかにも、夜勤1回ごとにつく夜勤手当、休日に出勤する休日手当て、資格を所持している人につく資格手当など、各手当がプラスされるので、働き方によっても月収は大きく変わるといえるでしょう。

夜勤手当は働く病院によっても異なりますが、1回5,000〜10,000円ほどが相場です。基本的な月収は多いとはいえませんが、夜勤の回数に応じても支払われる給与の幅は広がります。

看護助手のボーナス事情

正社員として働くうえで大切な収入源の1つがボーナスです。看護助手にもボーナスはあり、年2回のボーナスで平均3.8ヶ月~4.5ヶ月が相場とされています。

普段の勤務態度や働き方、職務に対する積極性などで査定・支給されることが多いので、日頃から積極的に業務にあたりましょう。

また、院内での技術向上に向けた研修や院外でおこなわれる看護助手向けの研修会などへの参加も査定対象となる場合があります。しかしそれを除いたとしても、スキルアップにつながることは間違いないので、機会があれば参加してみるのがいいでしょう。

看護助手の昇給事情

一般的には2年目に入るときに最初の昇給があり、その後1~2年毎に1,000円~3,000円ずつ昇給する場合が多いようです。

また、資格を取得することによって資格手当がつくようになり、月給がアップします。介護福祉士の資格は持っていると看護助手として働くのに強みになるでしょう。

勤務先を変えようと思ったときにも、介護福祉士の資格を持っていると優遇されることが多いのです。

昇給については勤め先の病院や雇用形態等によって様々なので、面接を受ける段階で昇給があるかなど確認しておきましょう。

看護助手の平均年収推移シミュレーションは?

看護助手の平均年収を年齢ごとにみていくと、20~24歳では171.1万円、25~29歳では222.9万円、30~34歳では256.8万円、35~39歳では281.4万円、40~44歳では303.3万円となります。

サポート業務ということもあり、国家資格を有する看護師よりも年収は低いです。

そんななかでも、高い年収を得られる人もいます。

先ほど解説したように、介護福祉士の資格を持っている人は10,000~18.0000の資格手当がつくことが多いのです。この金額は年収に換算すると大きな金額になります。

ほかにも「ケアワーカーリーダー」や「(介護)主任」と呼ばれる役職に就くと役職手当がつくので年収もアップします。

また地方よりも都心部の方が基本給が高いなど勤める地域によっても大きく差があるので、自分が勤めようとしている地域がどうなのか事前に把握しておくといいでしょう。