パン屋になるには?開業するには食品衛生責任者の講習を受ける必要がある

記事の著者:1115573

皆さんの家の近くにも美味しいと評判のパン屋があるかもしれません。

パン屋で働くために必要な資格はありません。しかし、パン屋として独立をする場合に必要となる資格や持っていて役に立つ資格はいくつかあります。

ここではパン屋のなり方や役に立つ資格、活躍するために必要な能力などを紹介します。

パン屋のなり方

パン屋になるための基本的な流れは、調理系の専門学校に進学し、パン製造の基本的な知識と技術を修得するのがスタンダードです。

そのあと、大小いずれかのパン屋に就職して、パン職人として技術を磨いていくことになります。その中で、将来的に独立開業するのか、それとも大きいパン屋でステップアップを図っていくのかを選択していくかたちになります。

大きいパン屋であれば、労働条件もよく生活は安定しますが、パン製造の全体の流れが習得しづらい面があます。

独立したいのであれば、中・小規模の店へ就職し、パン製造全体を学ぶことが近道です。

必要な資格

パン屋をみずから開業するには「食品衛生責任者」を取得する必要があります。食品衛生管理者とは食品の製造、販売を行う店舗を営業する際に必要な資格で、主に店舗の管理に関しての知識が問われます。

数年に1回、再講習を受けることが義務付けられています。

独立して人気のあるパン屋を目指す場合、新たな技術の習得や世間のニーズを汲み取るような努力をしつづける必要があります。

あったほうがよい資格

持っていると役に立つ資格を紹介します。

パン製造技能士

パンに関する知識・技能が問われる資格で、合格すると「パン製造技能士」を名乗ることができます。等級は「特級」「1級」「2級」に分かれています。

パンコーディネーター

パンを食べる視点から考える資格で、製パン技術以外のパンに関するプロフェッショナルになることができます。パンに関する助言や提案ができる製パン会社の商品企画開発担当などアドバイザー的立場になりたい人におすすめできる資格です。

以上が取得しておいて損はないパンに関する資格ですが、あくまで技術を修得することが大切ですので、順を追って取得を目指すようにしてください。

パン屋になるために必要な能力

パン屋は朝早くから夜遅くまで、とにかくパンと共に過ごすことになります。

特に朝が勝負です。夜も明けないうちから職場に行き、朝のピークに間に合うようにパンを焼きつづけなければなりません。

そのため、まずはパンが大好きという気持ちがなければ、長くつづけていくのは難しいです。

ほかに必要な要素とは、なんといっても体力です。朝からずっと立ちっぱなしであったり、原料である小麦粉を運んだりするるので、意外と力を使います。

また、早起きが絶対条件であることから、パンのためなら多少のことは苦にならないという人でなくてはなりません。