ファッションデザイナーになるには?ファッションに関する専門的知識を学ぶことが必要

記事の著者:1115573

ファッションデザイナーは、今も昔も憧れの存在です。自身の感性で洋服や靴などのデザインを手掛け、流行の最先端をつくり出していきます。

ここでは、華やかなイメージがあり、脚光を浴びることが多いファッションデザイナーになるにはどうすればいいのか、また、必要な資格や活躍するために必要な能力について紹介します。

ファッションデザイナーのなり方

ファッションデザイナーになるには、服飾専門学校を卒業するのが一般的です。基本的な技術や知識を学ぶことができるので、ファッションデザイナーになるための近道ともいえます。

また、アパレルメーカーで働きながら、少しずつ経験を積む方法もあります。実戦の場でファッションセンスも磨かれるため、そこからファッションデザイナーになることも不可能ではありません。

そのほかにも、憧れのブランドがある場合、弟子入りするという選択肢もあります。そう簡単に弟子入りできるわけではありませんが、運良く弟子にしてもらえれば、デザインのノウハウを間近で学びながらファッションデザイナーを目指すことができます。

晴れてファッションデザイナーになった後の働き方としては、大きく3つに分けられますので、少し触れておきたいと思います。

企業勤務のファッションデザイナー

企業に就職し、その企業の製品に関わるデザイナーです。仕事や収入は比較的安定しているといえます。

フリーランスのファッションデザイナー

企業に社員として属さないフリーのデザイナーです。実力が認められれば、さまざまなブランドから仕事を依頼されます。

ブランドデザイナー

アパレルブランドとタイアップで一緒に新ブランドを立ち上げて活躍するパターンです。

このようにファッションデザイナーといっても、働き方によって将来の収入などは異なってきます。

ファッションデザイナー 必要な資格

ファッションデザイナーになるのに資格は必要ありませんが、持っていて損はない資格も存在します。そのいくつかを紹介します。

カラーコーディネーター検定試験

色の性質、特徴など色彩の知識を体系的に学べる資格試験です。

ファッション色彩能力検定

ファッションデザイナーにとって、より実務的な内容で業務をおこなううえで必要な知識が問われる検定です。

洋裁技術検定

洋服を作るうえで基本となる洋裁についての知識・技術が問われる検定です。レベルごとに3段階に分かれています。

ファッション販売能力検定

服を販売するうえでの管理や運営の知識が問われます。現在のトレンドも出題されるので、流行に敏感である必要があります。

ファッションビジネス能力検定

マーケティング、流通、マネジメント知識などファッションビジネスに関する広い知識が求められる検定です。

活躍するために必要な能力

ファッションデザイナーとして活躍するためには、まず、ファッションに関する専門的知識を持つことが必要です。その他、洋服をつくるうえで多くの人たちと接する機会が多いので、コミュニケーションスキルも求められます。

また、ファッションデザイナーに欠かせないのは時代のトレンドを読む力です。常に時代を先取りしていかなければなりませんので、この力がファッションデザイナーとしてのキャリアを大きく左右するといえます。

しかしながら、最終的にもっとも大切なのは、ファッションを心から愛する気持ちと情熱です。ファッションデザイナーへの道のりは厳しいかもしれませんが、デザインした洋服が商品になったときの喜びを目標に強い意欲を持ちつづけることが大切です。