ピアノ調律師になるには?音に対する強いこだわりと集中力が必要

記事の著者:1115573

ピアノ調律師は、ピアノの基本的な音色を創る調律の専門技術者のことを指します。

具体的な仕事内容としては、学校や家庭を訪問してピアノの基本的な音程を調整したり、イメージ通りの微妙な音色を創り出す整音をおこなったりしますが、場合によっては部品交換など修理もおこないます。

次からは、ピアノ調律師になるにはどのようなことを学び、どのような資格が必要であるのかを紹介します。

ピアノ調律師のなり方

基本的には、音楽大学や音楽系専門学校の調律科で学ぶ必要がありますが、ピアノ調律師の養成を目的とした学科を設けている大学や専門学校はさほど多くはありません。なお、学校を選ぶ際には、演奏家など演者ではなく、あくまでピアノ調律師になることが目標なら、専門学校のピアノ調律科や調律師養成学校に進むのがベストだといえます。

また、規模が大きく、授業の種類や練習用のピアノの台数が多いところを選ぶことも望ましいといえます。ピアノ調律師は、とくにピアノに触れることが大切ですので、生徒数あたりのピアノ台数に着目することが重要です。

その他、ピアノを演奏する技術については、指の動かし方など、基本は押さえておく必要がありますが、楽曲を上手に引けるかどうかはあまり重要ではありません。

卒業後は、ピアノメーカーや販売会社のメンテナンス部門、ピアノ修理工場、調律専門会社などに就職して、現場で基礎を学ぶことで、ようやくプロのピアノ調律師としてのスタートを切ることができます。

技術を磨いていけば、フリーランスで活躍することも可能で、コンサートホールやライブ会場、学校、一般家庭などが主な活躍の場となります。調律はもちろんのこと、修理に対応するための知識や技術も持ち合わせていれば、より重宝されることになります。

必要な資格

ピアノ調律師になるために必ず必要な資格はありません。資格がなくても就職した会社でピアノの調律をおこなうことができます。

しかし、フリーランスで活動する際にピアノ調律技能士を名乗るためには資格を取得する必要があります。

調律能力を証明するための「ピアノ調律技能検定」が、一般社団法人日本ピアノ調律師協会によって実施されています。

これは、国家資格である技能検定制度の一種で、試験はピアノ全般に関する知識、ピアノ調律・整調・修理に関する技能、実務能力などが問われ、等級は技能の内容に応じて1級から3級に区分されます。

このピアノ調律技能士は、有資格者以外はその名称を名乗れない資格であることから資格を保有せずにピアノ調律技能士と称することは職業能力開発促進法により禁じられています。

活躍するために必要な能力

ピアノ調律師として活躍していくには、音に対して強いこだわりと使命感を持っていなければなりません。また、演奏の出来を大きく左右することから妥協を許さない強い姿勢も必要となってきます。

その他、完璧な調律を実現するためには、時間を要しますので集中力や持続力も求められます。

自分が調律したピアノがイメージ通りの音を奏でることができた瞬間が、ピアノ調律師にとって最も満足感を覚える瞬間だといえます。ピアノの演奏者や持ち主などからの信頼を得るため、日々ピアノ調律技術を磨いていく地道な努力も必要です。