演出家をやめたい・転職したい。転職するなら表現力を活かせる仕事がおすすめ

記事の著者:2296565

演出家が活躍する華やかな劇団は、大きく知名度もある一部の劇団に限られます。ほとんどの演出家は理想と現実の狭間で苦しんでいるのですが、なかなか知られることもありません。

作品を成功させて有名になればたくさん仕事が入るようになりますが、演出家として成功できるかどうかは演出の才能だけでなく、スタッフとのコミュニーケーションや予算の調整、俳優の演技力など多くの要因が絡んできます。

たくさん努力しても結果に結びつかないと辛くて転職を考えることもあるでしょう。今回は、演出家をやめたいと思ったきっかけや、おすすめの転職先を紹介します。

演出家をやめたい・転職したいと思ったきっかけ

表現者として楽しむことに重点を置いていたころは、観客動員数や利益など考えもしないことです。

しかし演出家側になってみると、お金という現実問題に直面します。公演をすれば、必ず観客動員数から支出や収入、利益までしっかり数字として残るのです。

劇団を運営していくうえで、お金や数字が大事になってくるのは当然なことです。芸術を数字で判断するのに嫌気がさしてくるのと同時に、転職をしたいという思いも強くなっていきます。

演出家におすすめの転職先

演劇の世界は、まさに表現をする世界です。とくに演出家は全体のイメージや作品のイメージを膨らませ、それをどう表現していくか考えていくのが仕事になります。そのため、クリエイティブな職業が転職先としておすすめです。

花屋

フラワーアレンジメントは、演出家としての経験をうまく活かすことができます。お客さんから受注したときに、具体的なイメージとして膨らませるような会話ができ、それをフラワーアレンジメントで表現できるのではないでしょうか。

演劇や演出をしてきたことで、表現をすることや形に表すことのセンスが磨かれています。素人から花屋に転職した人と比較すると、非常に良いセンスがあると評価されるでしょう。

また店内の売り場づくりや、季節ごとに花の陳列で店の雰囲気を変化させたりすることにも適性があります。舞台演出と同じ要領で店内を演出したり、適切なイメージを具体的に表現できるからです。

演出家をやめる・転職する前に考えておくこと

演劇や演出家としての仕事は非常に魅力的です。華やかですし表現をすること自体、楽しいことでもあります。ほかの職業では味わうことができない達成感があるのです。

転職してしまうとその感覚を味わえなくなってしまうので、後悔しないようよく考えることが必要になってきます。これまでクリエイティブな仕事を続けてきて、表現者として自信があるならば、表現力を活かせる仕事を探すのが良いでしょう。

もちろん、未経験の仕事をしてみるのも1つの道ではあります。しかし、自分の特性やスキルや経験を少しでも活かせる仕事ができるのであれば、それに越したことはありません。

演出家からの転職を考えているなら

演出家からの転職を検討しているなら、マイナビエージェントに登録しましょう。マイナビエージェントは大手の転職サイトで転職実績も多数あるので、まずは情報収集したい人にもおすすめです。

登録すると、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで紹介してくれるので、あなたにあった転職先が見つかるでしょう。

さらに、書類の添削、面接対策、スケジュール調整など転職活動全般のサポートを無料でおこなってくれます。

マイナビエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。