児童文学作家はつらい、きつい?アイデアが浮かばないと仕事が進まない

記事の著者:1889196

児童文学作家は、子ども向けの文学作品を執筆する作家のことです。子どものころに読んだ児童文学作品を、今でも忘れられないという人は多いでしょう。

児童文学作品で有名なものは、「ムーミン」や「赤毛のアン」、「星の王子さま」、「かいけつゾロリシリーズ」などがあげられるでしょう。

大人になってから読んでも面白いと思える児童文学作品もたくさんあり、世代問わず人気のジャンルです。本を通じて、子どもに夢を与え続けることができる児童文学作家ですが、働いていてきついときやつらいときもあります。

児童文学作家が、つらい・きついと思った瞬間

書きたいアイデアが全く思いつかず、作品を書けないときは、児童文学作家にとってつらい時間です。

児童文学作家は、売れる作品を書かなければなりません。編集者と相談しながら書きますが、自分の書きたい内容を書けない時もあり、つらいと感じる人も多いです。

児童文学作家は、子どもの読者を相手にします。子どもの読者は、大人に比べて、知識や経験が少ないことがほとんどです。そのため、書き方を工夫しないと、話の内容がが伝わらないことがあります。表現方法を何度も書き直すことも少なくないのです。

また子どもは自分がおもしろいと思う本は、夢中で読んでくれますが、つまらない本は途中で投げ出し読まなくなります。子どもは正直なので、作家にとっては手ごわい相手といえるでしょう。

ほかにも児童文学作家は、書く時間に制限がないため、ひたすら書き続けることがあります。売れるまで書き続ける必要があり、終わりの見えない仕事に精神的に息苦しさを感じることも。体力的にもきついと感じることがあるでしょう。

児童文学作家は、自分で作品を生み出さなければならず、孤独を感じることが多いです。編集者と相談しながら進めますが、書くのは自分なので、追い込まれてしまい、自ら職を手放す人も少なくありません。

つらさ・きつさの解決方法

児童文学作家として、書きたいアイデアが全く思いつかず、作品が書けないときは必ずあります。そのときは、編集者をはじめとした、周りの人達に相談してみることが大切です。

何気ないふとした会話からアイデアを思いつくこともあるでしょう。また煮詰まったときは、リフレッシュしてから創作活動に戻ることも大切。アイデアが出ないときは、座っていても出ません。

ずっと書き続けて、集中力や体力の限界に達したら、休むことも重要です。疲れたまま、書き続けてもいい作品は生まれません。普段から健康に気を付け、気力・体力を充実させることも、児童文学作家とっては、重要なことです。

働く前と後の印象の違い

児童文学作家は、ただ面白い作品を執筆すればいいというわけではありません。子どもが読みやすく、共感できるものを提供する必要があります。

子どもたちが、何を読みたがっているか、知りたがっているかをいろいろな方法で調べることが重要になってきます。主人公の性格や顔立ちなども、子どもの気持ちに寄り添って考え抜くことが大切です。

児童文学作品は世に出された時点で、作品を悪く言う人は必ず現れます。書評などできついことを言われても、児童文学作家として、自分が本当に悪いと思うところだけを反省し、それ以上は気にする必要はありません。

耐えられないときは、転職の検討を

今の仕事に耐えられないときは、転職サイトに登録してみましょう。新しい仕事を探すことで、気持ちが楽になるかもしれません。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、リクナビNEXT。約9万件の求人情報が掲載されています。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTのサイトを見る