TOEIC・TOEFLの違いとは?どっちの試験を受験するべき?

記事の著者:haruki hatano

英語能力検定はいくつもありますが、有名なものとしてTOEIC(トーイック)・TOEFL(トーフル)があります。TOEIC・TOEFLは、受験目的、試験内容、受験方式、受験料など、全く異なるテストになります。

今回はTOEIC・TOEFLの違いについて紹介します。どちらを受験した方が良いか分からない、という人は、参考にしてみてください。

TOEIC・TOEFLの違いとは?

「とりあえず英語試験といえば、TOEICだから勉強をはじめよう」と、単純な理由で受験する英語能力検定を決めてしまうと、モチベーションが持たなかったり、受け直さなくてはならなかったりします。

有名なTOEIC・TOEFLの2つの違いを理解し、自分のどちらが必要なのか、きちんと見極めましょう。

受験目的の違い

TOEIC・TOEFLはどちらも、アメリカにある非営利テストの開発機関Educational Testing Service(ETS)によって開発された試験です。

TOEICは、オフィス・日常生活での英語コミュニケーション能力を測るテストです。TOEICは日本でとても馴染み深く、就職や転職といったビジネスシーンで頻繁に利用されます。そのため、出題される分野はオフィスでよく使用される会話・ビジネス英語が多いです。

一方TOEFLは、英語圏の大学出願のために必要な読む・書く・聞く・話すの4つを測る英語試験です。多くの大学が、TOEFLのスコアを留学の入学基準として提示しています。

出題される分野はアカデミックな内容が多いのが特徴です。文学・歴史・科学などの専門的な単語を知っておく必要があります。

国内大学でも、TOEFLが高得点である場合、英語授業の単位として認めている学校も多いです。さらに、学内・企業の留学基準としてもTOEFLの点数が用いられることがあります。

対象者の違い

TOEICは、学生が受験することも多いですが、社会人が英語力を試すのにおすすめの試験です。国内企業への就活・転職のさいに役立つでしょう。

試験は990点満点で構成され、一般的に履歴書に書けるレベルは、700点以上といわれています。英語を武器にして就職・転職したいという方は、800点以上を目指しましょう。

TOEFLは、英語圏の大学=大学院への進学・留学を考えている人におすすめの試験です。120点満点ですが、目指している学校によって必要なスコアは違ってきますので、事前に必須スコアを調べておきましょう。

問題形式の違い

TOEICは、全問マークシート方式でおこなわれます。リスニング45分間・リーディング75分間の2セクションから構成され、年に10回程度開催されています。

TOEFLの試験は、全てパソコン上でおこないます。リスニング60~90分間、リーディング60~80分間、ライティング50分間、スピーキング20分間の4セクション構成です。毎月3~4回開催されており、受験制限はありませんが、試験時間はTOEICの倍以上に及ぶので集中力も求められます。

TOEFLは留学・進学に必要な資格であり、英語の先にある専門分野を学ぶことを目的としています。そのため、リスニングはTOEICよりも早く、聞き取りにくくなっています。勉強するにあたっては、専門的な単語を学ぶことが必要です。

TOEIC・TOEFLを勉強するには?

英語検定の点数をあげるには、日々英語に触れることが大切です。しかしその習慣を自ら作り出すことは、難しいでしょう。

そこでおすすめなのが、オンライン英会話。オンライン英会話サービスでは、月額1,000円程度で、指導経験豊富な講師がスコアアップのコツ・テクニックを動画で教えてくれます。

スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISHは、月額980円(TOEIC® L&R TEST対策コースベーシックプランは月額2,980円)という安さが特徴のオンライン英会話サービス。格安ながら安心感があると人気です。

スタディサプリENGLISHは、日常会話の力を高めることに重きをおいています。中学・高校時代におこなってきた丸暗記の英語学習方法ではなく、英語の本質・理屈に立ち戻るアプローチ方法のため、納得感を持ちなながら、自然と英語が覚えられます。

分かりやすい5分解説動画が200本収録されているため、スキマ時間にTOEFL対策を進めていくことができます。

スタディサプリENGLISHのサイトを見てみる

DMM英会話

DMMは、DMM.comが運営するオンライン英会話。中学校・高校の授業で導入された例もあり、1レッスン150円でマンツーマン英会話レッスンを受講できると話題になっているオンライン英会話です。

DMM英会話ではスピーキングテストをおこない、レベルにあったレッスンが実施されるため、無理なく学んでいくことができます。もちろん、TOEICやTOEFL iBTなど資格対策用のレッスンも用意されています。

また何より、講師数が多いことが魅力の1つ。講師の発音・ディスカッションレベル・フリートーク内容によって英語の上達スピードは異なります。6,000人以上在籍しているDMM英会話であれば、国籍・趣味に応じて、自分にあった講師を見つけることができるでしょう。

講師プロフィールには、「ハンターハンターが好き」「バスケが好き」「ITエンジニアやってた」などの情報も記載されているので、モチベーションを維持したまま、楽しく講師を探すことができます。

DMM英会話のサイトを見てみる

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。