TOEICとTOEFLの違いは?どちらを受験したら良い?

英語の能力を測る試験はいくつもありますが、TOEICとTOEFLの違いについて正しく理解していますか?

TOEICとTOEFLは、受験の目的や試験問題の内容・方式、受験料が全く異なるテストです。

そこで、今回はTOEICとTOEFLの違いについて紹介します。これから勉強しようと思っているけれどどちらを受験した方が良いか分からない、という方もぜひ最後まで読んでみてください。

受験目的の違い


TOEICとTOEFLはどちらもアメリカにある非営利テストの開発機関、Educational Testing Service(ETS)によって開発されています。

まずTOEICは、オフィスや日常生活の中での英語コミュニケーション能力を測るテストです。

TOEICは日本でとても馴染み深く、就職や転職といったビジネスシーンで頻繁に利用されます。そのため、出題される分野はオフィスシーンでの会話やビジネス英語が多いです。

一方TOEFLは主に、英語圏の大学出願のために必要な「読む」「書く」「聞く」「話す」の4つを測る英語の試験です。多くの大学が、TOEFLのスコアを留学の入学基準として提示しています。

そのため、出題される分野はアカデミックな内容が多いのが特徴です。文学、歴史や科学などの専門的な単語を知っておく必要があります。

また、日本の大学においても、TOEFLの点数によって英語の授業の単位として認められることがあります。さらに、学内や企業の留学基準としてもTOEFLが用いられることがあります。

対象者の違い

では、それぞれの試験はどんな人を対象にしているのでしょうか。

TOEICは、就職や転職を考えて主にビジネスシーンで資格を利用しようと考えている方にオススメの試験です。

試験は、990点満点で構成され、一般的に履歴書に書けるレベルは、700点以上と言われています。英語を武器にして就職・転職したいという方は、800点以上を目指しましょう。

TOEFLは、英語圏の大学や大学院への進学・留学を考えている人にオススメの試験です。満点は120点ですが、目指している学校によって必要なスコアは違ってきますので、事前に自分に必要なスコアを調べておきましょう。

問題形式の違い

TOEICは、全問マークシート方式で行われます。リスニング45分間、リーディング75分間の2セクションから構成され、試験は年に10回程度開催されています。

TOEFLの試験は、iBT(インターネット受験形式)で全てパソコン上で行います。リスニング60~90分間、リーディング60~80分間、ライティング50分間、スピーキング20分間の4セクション構成です。毎月3~4回開催されており、受験制限はありません。

ただし、試験時間はTOEICの倍以上に及ぶのでスケジュールの調整をしっかりとしましょう。

今回は、TOEICとTOEFLの違いについて書きました。どちらも英語の能力を測る試験ですが、それぞれの使用目的や対象、難易度は違っています。

TOEFLは留学や進学に必要な資格であり、英語の先にある専門分野を学ぶことを目的としています。そのため、リスニングはTOEICよりも早く、聞き取りにくくなっています。勉強するにあたっては、専門的な単語を学ぶことが必要です。

効率よく学習を進めるためにもまずは、自分の目的をしっかりと定めて、目的に合った方を受験するようにしましょう。