料理人になるには?調理師免許を取得すると就職に有利

記事の著者:1528961

美味しい料理を手際よく作れる、料理人。漫画でもよく見るコック帽に憧れた人も多いのではないでしょうか。

料理人と一括りにしても様々で、どこの国の料理なのかによっても、使用される調理法や技法は大きく異なります。

そんな料理人になるにはどうすればよいのかについて紹介します。

料理人になるには

料理人になるためには大きく分けて2つの方法があります。

専門学校に行き、調理師免許を取得してから就職する方法と、実務経験を通した修行も兼ねて高校卒業と同時に就職するケースです。

最近は、調理師免許を取る方が増えています。取得人数の多さから、料理人という名前よりも調理師という名前のほうがよく聞くかと思います。

しかし、料理人として仕事をするのに必須な資格はありません。

高校を卒業してから、直接就職するケースが多いです。履歴書を持って、興味のある飲食店で面接を受けます。

資格も経験も何もない状況からスタートなので、見習いのような立ち位置になります。

料理人は技術職としての雰囲気が強いので、縦社会が多く、かなり上下関係が厳しいです。そこでの厳しい修行に耐えた人が立派な料理人として一人前になるのです。

専門学校を出る場合は、就職先を決めて行きます。高校卒業すぐ就職した人たちと比べると、ホテルや大きなレストランなど、大手に人気が集まる傾向にあります。

しかし、就職後は専門学校卒業組も同じように見習いから始まります。スタートは違えど、修行の身になり、一人前の料理人を目指すのです。

料理人になるために必要な資格

料理人になるために必須になる資格はありませんが、調理師免許は取得しておいたほうが良いでしょう。

調理師試験を受けるには、実務であれば2年間経験を積んでから試験を受けるという方法で取得できます。

また、厚生労働大臣の指定を受けた調理師養成施設を卒業すると、調理師試験を受験せずに調理師免許を取得できます。

この資格を取得しておくと就職時に有利になります。しかし、実際は料理人になってから取得する人のほうが多いようです。

合格率は60%程度になり、基礎をしっかりと勉強をすれば合格できるような内容になっています。

料理人として活躍するために必要な能力

料理人は、私たちに美味しい食事を提供してくれる、なくてはならない職業ですが、華やかな見た目とは違い、内情はかなり縦社会で、職人気質な方が多いため、そかなりの根性が必要です。

また、料理は見た目も大切なので、手先の器用さや色彩センスも重要です。とくに料理人として上を目指していくのであればなおさら必要になります。

専門学校で学んだ方も、高校卒業から修行している方も、先輩の仕事を見て学ばなければなりません。根気強さと根性が求められます。

どんなお店で、どんな種類の料理人になりたいのかをしっかり見定めておきましょう。

また、調理場では1人での作業よりも複数人で作業するケースの方が多いです。チームの輪を乱すことなく、円滑にコミュニケーションを図れる能力が求められます。

まずは転職サイトで可能性を

料理人への転職を考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTには、料理人への転職実績が多数あります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTのサイトを見る