建築士になるには?建築士の国家資格を取る必要がある

記事の著者:1528961

建築士は、建築物の設計や工事の監理を行う仕事です。

現場の指揮も行うので、現場監督のような仕事をしていることが多いです。

建築現場に欠かせない仕事である建築士のなり方について紹介します。

建築士になるためには

建築士になるには、国家資格試験に合格しなければならず、受験するにはいくつかの条件があります。

高校の建築・土木学科を卒業した場合、実務経験を3年積むと建築士の試験の受験資格を得ることができます。

大学・短大・専門学校の土木科を卒業した人は実務経験1年が必要で、同じ大学・短大・専門学校でも建築学科を卒業している人は実務経験の規定はありません。

そして建設系の学科を卒業しなかった方は、実務経験を7年以上積めば試験の受験が可能です。

建築士と一括りにしても複数あり、どの級を持っているのかで仕事の幅に差があります。試験の難易度もかなりの違いがあります。

資格試験に合格すると晴れて建築士と名乗ることができるようになります。

そこから就職活動へと進んでいくのですが、建築士の仕事はオリンピックに向けて増加傾向にあります。駅やホールなどの公共の施設のデザイン見直しや改築がおこなわれるようになるので、仕事の依頼は増加します。

さらに、オリンピックの開催で日本の景気がよくなれば、マイホームを購入する家庭も増えるのではないかと予想されています。

建築士の主な就職先は建設会社が多く、中小の建設会社は比較的には採用されやすい印象ですが、大手はかなり倍率が高く難しいです。

建築士になるために必要な資格

建築士の国家試験に合格しなければなりません。級は2段階あります。

・木造建築士及び二級建築士

・一級建築士

「木造建築士」は、木造の住宅を扱う建築士になります。「二級建築士」は、面積500平方メートル以下の建築物の設計や工事監理をおこなえる資格です。

「一級建築士」になると、あらゆる建築物の設計や工事監理を行うことができるようになりますが、二級建築士としての実務経験が受験資格として規定されているので、二級から順番に取得していく必要があります。

また、かなり難易度の高い試験になるので、長い年数をかけてしっかり勉強し、合格を目指しましょう。

活躍するために必要な能力

建築士として活躍するために必要なのは、真面目さと丁寧さです。

建物を建てるためには、建造物の高さや柱の数など、細かく規定された多数のルールに従う必要があります。

その決まりは耐震強度などに関わる大事なルールなので、適当にごまかしたりすることなく、必ず守らなければなりません。

また、建築物のデザインにも携わるので、美的センスも大切です。内装にも外装にも関わるので、建築家のセンスが悪いと台無しになってしまいます。

真面目で美的センスに優れているということが、建築家にとって必要な能力だといえます。

まずは転職サイトで可能性を

建築士への転職を考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTには、建築士への転職実績が多数あります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTのサイトを見る