児童文学作家になるには?たくさんの作品を生み出すことが成功への道

記事の著者:1528961

子供に夢を与える、児童文学作家。

誰もが子供の時に親しむ文学で、有名なものになると世界中で長年愛される作品になります。

児童文学は色あせることなく、作者が亡くなった後も愛されるケースが多いです。

そんな児童文学作家のなりかたを紹介します。

児童文学作家になるためには

児童文学作家になるには、作品を作成し出版社等に持ち込み、発売してもらう方法が一般的です。

自費出版で絵本や児童文学を出す方もいれば、作成した物語を持って、出版社に売り込む作家もいます。

就職という方法はあまりなく、フリーライターのような形で活動する方が多いようです。

作家の多くは美大や、アート系の専門学校を出ています。

一般の大学であれば、文学部を選び、児童文学という授業を取れる場合があります。文学部であれば、児童文学関連の授業はかなりあるはずなので、調べておくとよいです。

もちろん規則はないので、高校卒業してすぐに作家になっている方もいます。

自分の力で切り開く必要があるので、国語力や発想力を養っておく必要があります。そのために有効な手段は、とにかくたくさんの本を読むことです。インスピレーションが湧きやすくなるので、物語を思いつきやすくなります。

新卒で、就職したいという場合は、就職先を見つけるのはかなり難しいです。

出版社や編集者に就職して、コネを作り、後々会社を辞めて児童文学作家として活躍するという方法がありますが、その方法を選んだ方はごくわずかです。

とにかくたくさんの作品を読み、たくさんの作品を生み出すことが成功への道です。

活躍するために必要な能力

児童文学作家はずっと文章を考えているので、文章を書くことが好きである必要があります。

構成などを一通り考えたら、あとはひたすらアイディアはないかと模索する日々です。頑張って考えた作品も、出版社などで認めてもらえなかったり、世間に出回らないことも多いので、作品作りが好きでなければとても務まりません。

そして、自分の作った作品が子供達にとってどんな作品となってほしいのかを明確にイメージする必要があります。

児童文学作家として日の目を見るのはほんの一握りです。だんだん、なぜ自分が児童文学を書いているのかという理由を見失ってしまう方も多くいます。

当たり前のことですが、児童文学は児童に読んでもらってこその文学です。

どんなに世の中に作品が認められなくても、その目的を見失うことなく、目標に向かって努力する力が必要になります。

また、子供が好きで、楽しませたいという気持ちを強く持ち続けることも、児童文学作家になるうえで、重要な素質だといえます。