アスレティックトレーナーから転職!健康を手助けする仕事がおすすめ

記事の著者:1150122

アスレティックトレーナーは、スポーツの現場において受傷した選手の応急処置や傷病の評価などを考え、リハビリや怪我の予防のために働く仕事です。

昨今では、スポーツの現場だけではなく、高齢者の健康づくりなどの現場でも活躍している職業です。

人を助ける仕事なのでやりがいはありますが、仕事の給料などから転職を考える人も多くいます。

アスレティックトレーナーが転職するきっかけ

アスレティックトレーナーから転職したいと多くの人が思うのは、選手が怪我を負ったときに、応急処置しかできないと感じたときです。

アスレティックトレーナーとして、選手の体調管理や怪我からのリハビリの手伝いなどをおこなうことがありますが、特別な医学の知識があるわけではないので医学的処置ができません。

また、アスレティックトレーナーは国家資格ではなく民間資格で、給料も高いとは言えません。

結果として、自分に無力感を感じるようになってしまい、別の仕事に転職したいと感じるようになるのが一般的です。

アスレティックトレーナーは基本的にいつでも辞めることができる仕事で、雇い主に辞めたい旨を伝えれば辞めることができます。

ただし、選手との信頼関係が重要な仕事なので、十分に担当している選手とは話合って辞めるべきです。

アスレティックトレーナーにおすすめの転職先

アスレティックトレーナーのおすすめの転職先は、老人介護施設のスタッフです。

昨今では、老人介護施設が増えてきており、健康づくりのためのトレーニングなどに力を入れている老人介護施設もあります。

人手も不足している業界であるだけではなく、健康づくりのためのトレーニングができる人材はほとんどいないので重宝されます。

また、女性の多い職場でもあるので、力仕事ができるアスレティックトレーナーは職場のスタッフからも頼りにされる存在です。

老人介護の現場は思いのほか重労働であることも多く、どうしてもマンパワーが必要とされます。

アスレティックトレーナーとしての経験を活かしながら、健康づくりをサポートすることができるので、これまでの知識を有効に活用しながら仕事に取り組むことができるようになります。

アスレティックトレーナーからであれば、すでに相手の健康づくりについて一定の知識を身に着けているので、テーピング・アイシング・ストレッチングなどさまざまな面で知識を活かすことが可能です。

働きながらでも介護士の資格を取得することができるなど、転職先としても利点がたくさんあります。

アスレティックトレーナーが転職前に考えておくこと

アスレティックトレーナーから転職する場合、もう一度アスレチックトレーナーとして再就職することは難しくなります。

常に身体を鍛えなければならない仕事ですし、トレーニング方法も日進月歩で進化していくからです。1度仕事から離れてしまえば、専門的な技術や知識もすたれてしまいます。

転職先としては仕事の特性上、相手の健康の手助けができる業界が、アスレティックトレーナーとして働いていた頃の知識を活かしやすいと言えます。

転職のときには、相手の健康の手助けになるような業界を選ぶようにすると良いでしょう。

まずは転職サイトで可能性を

アスレティックトレーナーから他業界に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、老人介護施設などの優良求人の掲載が多数あります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)