アートディレクターから転職!クリエイティブ力を活かせる仕事がおすすめ

記事の著者:1150122

グラフィックデザインや広告、装丁などをアーティスティックに彩るのがアートディレクターの仕事。

ディレクターであるので、チームのリーダーとなって1つの作品を作らなければなりません。

そんなアートディレクターは、実力主義の世界です。生活をしていけなくなり、転職を考えようになる人も多くいます。

アートディレクターから転職をしたい理由

アートディレクターから転職したいと考えるようになるきっかけで多いのは、給与報酬が少ないということです。

アートディレクターは、さまざまなグラフィックデザインや広告などを手がけますが、それによって基本的に報酬を得ています。

継続的に仕事があれば収入は安定しますが、活躍して名前が知られていないと難しく、給料が不安定となりがちです。

そのような理由から、アートディレクターから転職したいという人は増加しています。

アートディレクターを辞めるべきタイミングは、1つの作品を作り終えて仕事が一区切りついたときです。

そのタイミングであれば、誰にも迷惑をかけずに仕事を辞めることができます。

会社で雇われている場合には、辞表を提出することでアートディレクターを辞められます。

アートディレクター異業種でおすすめの転職先

アートディレクターから転職したいと考えている場合には、まず自分の知識が活かせる仕事を選ぶことが大切です。

これまでの知識が活かせない仕事を転職先にしてしまうと、仕事を0から覚えなければならないからです。

そのため、自分の経験ができるだけ活かせるような場所にすると、転職は成功しやすくなります。

アートディレクターにおすすめの転職先は、インテリアコーディネーターです。

インテリアコーディネーターでは、創造性ある感性を活かすことができます。また、空間デザインの仕事は今後も需要が高まると予想されるので、給料が安定しやすいです。

家具のショップなどで働くインテリアコーディネーターは、アートディレクターのときの経験を活かして家具の配置やデッサンなどを活用したりできます。

そこから、お客様により視覚的にわかりやすい提案ができるので重宝されます。

フリーランスとして人気となれば、アートディレクターとして働いていた頃よりも給料が高くなる可能性も十分高いです。

ポップアップなども作成する機会もあり、アートディレクターとしての知識が多用な場面で活かせます。
 

アートディレクターが転職する前に考えておくこと

アートディレクターから転職する前に考えておきたいことは、1度転職してしまえば、業界には戻りにくいということです。

アートディレクターの仕事は、その時々の流行に敏感とならなければなりません。

また、PCを使った仕事となるので最新のテクノロジーにも精通しておく必要があります。

そのため、もう1度アートディレクターになりたいと思ってもなかなか再就職することは難しく、後悔が無いようにしておくことが大切です。

まずは転職サイトで可能性を

アートディレクターから他業界に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、アートディレクターから異業種への転職にも多数の実績があります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)