マッサージ師から転職!マッサージや対人経験の活かせる仕事がおすすめ

記事の著者:1150122

人の疲れている体を癒やしたり、美容や健康のためにおこなうマッサージ師の仕事。

マッサージ師は、人を癒やす仕事なので、非常にやりがいの感じることができる仕事です。

しかし、業界全体で給与が低い傾向があるので、転職を考える人も多くいます。

マッサージ師から転職をしたいと思ったきっかけ

マッサージ師は、経済的な安定を理由に、転職を考える人が多いです。

マッサージ師として雇われている場合、給料の多くが歩合制や能力給であることがほとんど。

そのため、マッサージ師は毎月の給料が非常に不安定である上に、給与そのものも少ないので生活に困ることもあります。

そんな状況から抜け出したいと感じるようになった結果、マッサージ師から転職することを決意します。

マッサージ師を辞めるべきタイミングとしては、若いのであればやはり早いタイミングの方が望ましいです。その理由は、転職先が探しやすくなるからです。

従業員としてマッサージ師をしている場合、会社に辞表を提出すれば仕事を辞めることができます。

マッサージ師に異業種でおすすめの転職先

マッサージ師から異業種で転職先を考えるのであれば、マッサージ師の経験を活かした方がスムーズに転職ができます。

その意味では、介護職は非常に有利です。

なぜなら、人と接する仕事で、老人介護施設などでマッサージのサービスをしているところはたくさんあるからです。

介護士として働いている人たちは、マッサージ師として働いた経験がほとんどないので、これまでの経験を活かして仕事に取り組むこともできます。

また、人とのコミュニケーションが重要視される仕事で今後も需要が高まる見込みのため、安定的に給与をもらうことが可能です。

もともとマッサージ師でお客さんとしゃべるのが好きという方には、介護職は向いてる仕事でしょう。

マッサージ師の仕事には体力も要求されますが、介護にも力仕事があるので即戦力として働けます。

もちろん大変なこともありますが、毎日感謝される仕事なので、介護士としてのやりがいも感じることができるはずです。

能力給や歩合制でなくなれば、経済的にも安定し、生活苦から解放されます。

マッサージ師から異業種で転職先を考えるのであれば、介護業界が非常におすすめです。 

マッサージ師が転職する前に考えておくこと

マッサージ師から転職を考える場合には、マッサージ師としての専門性を発揮できなくなってしまうことです。

マッサージ師の仕事にはもう戻れなくなり、せっかく長時間練習して獲得した知識や経験が水の泡になってしまいます。

マッサージ師の資格を持っている人はなかなかいないので、それをメリットとして開業することも可能です。

その点をよく考えた上で、マッサージ師から本当に転職するのかどうかを判断することが重要となります。

まずは転職サイトで可能性を

マッサージ師から他業界に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、マッサージ師から異業種への転職にも多数の実績があります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)