イラストレーターから転職!創造力を活かせる仕事がおすすめ

記事の著者:1150122

イラストレーターは絵を描くことを主な仕事とする仕事です。

さまざまな絵を描きますが、ポートレートではなく、書籍・ポスター・雑誌といった雑誌などの印刷物の他に、Web やゲームのイラストを担当することもあります。

そんなイラストレーターの仕事に就いていて、転職したいという人も少なくありません。

イラストレーターを数々のイラストを制作してきた、創造力を活かせる仕事に就くことで転職が成功しやすいです。

イラストレーターが転職するきっかけ

イラストレーターから転職したいと思ったきっかけは、イラストレーターの仕事が激務だったからという方が多いです。

イラストレーターの仕事は一度仕事に取りかかるとなかなかその仕事から離れることができず、集中して取り組まなければなりません。

その結果、身体を壊してしまったことが転職を考えるきっかけとなることが多いです。

毎日あまり人と話さずに仕事をしていることも多いので、自分だけで考えをまとめなければならないことも多く、なかなか人と話ができないことも大変な要素の1つ。

イラストレーターの仕事を辞めるべきタイミングは、仕事が一通り終えたタイミングです。そのうえで、上司に辞表届を出せば、簡単に辞めることができます。

イラストレーターにおすすめの転職先

イラストレーターの方が異業種に転職をするのであれば、転職先としてメーカーなどの商品企画部や広報宣伝部のような仕事がおすすめです。

商品企画部や広報宣伝部であれば、イラストレーターとして働いていたときの経験を活かすことができます。

商品企画や広報宣伝には創造力が必要となるので、イラストレーターとしての経験は間違いなく活かすことができます。

商品企画の際にデッサンでアイデアを提示することができれば、みんなでイメージを共有しやすくなりますし、広報宣伝部であればイラストをWebページなどで公開することも可能です。

イラストレーターとして働いた経験は、企業でも重宝される経験となるので、その経験を上手く活用して転職活動を行うようにすると、転職活動も上手くいきます。

商品の背景にあるさまざまなコンセプトを視覚化し、皆でイメージを共有するためのツールとして、デザインやイラストを活用することができるからです。

イラストレーターの仕事の経験は決して無駄にはなりませんので、積極的に活かすようにしましょう。

商品企画部や広報宣伝部のような部署はメーカーであればどんな会社でもあるものなので、求人数も多く転職先を見つけやすいという点もメリットです。

イラストレーターが転職前に考えておくこと

イラストレーターが転職する前に考えておきたいことは、異業種への転職は非常に難易度が高いということです。

同業種の転職であれば比較的転職は容易ですが、異業種であるとなかなか就職が決まらないということも少なくありません。

それはイラストレーターという仕事の専門性が高い仕事だからです。

その意味で、転職活動のときには、自分にどんなことができるかを希望する職種と摺り合せるようにすることが大切です。

転職のために仕事を辞める前に、きちんと転職について事前に調べておくことも大切となります。

まずは転職サイトで可能性を

イラストレーターから他業界に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、商品企画部や広報宣伝部などの優良求人の掲載が多数あります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTのサイトを見る