エステティシャンはつらい、きつい?想像以上に体力仕事できついと感じる女性も

記事の著者:1889196

エステティシャンは、お客さんの肌や身体の悩みを解決し、美のサポートをする職業です。具体的には、フェイシャルケア・ボディケア・脱毛などの施術をおこないます。

女性はいつでもきれいになりたいと思っています。最近では、男性も美に興味を持つ人が多くなってきました。きれいになりたい、きれいでいたいという欲望はいつまでも消えとはないでしょう。

エステティシャンは、無資格でも応募できる求人が多いこともあり、最近とても人気な職業の1つです。そこで今後も需要が絶えないエステティシャンの職業について紹介します。

つらい・きついと思った瞬間

エステティシャンは、施術のため、1日中立ちっぱなしで、体力的にきついと感じる職業です。

マッサージを担当している場合は、体全体で施術をおこなうため、腰痛、足や腕の筋肉痛に悩まされます。ひどいときは腱鞘炎になる場合もあります。ハンドマッサージの場合などは、お客さんの要望に合わせて施術をしていくため、思っているよりも力を必要とするのです。

またスタッフが不足しているサロンでは、連日勤務が続くこともあります。急な予約が入ることもあります。とくに土日にお客さんが多いため、友人や恋人と予定が合わないことに悩みを抱えている人もいます。

そして新しい器具や美容サービスがどんどん導入されるので、常に勉強をする必要があります。

ほかにも、美を追求するエステティシャンは、自分自身の美にも気を配らなければなりません。人を美しくする職業なので、太りすぎや自分の肌の調子が悪いということがあってはなりません。仕事で忙しいなか、自分自身が美しくあり続けなければならないので、つらいと感じるときがあります。

つらさ・きつさの解決方法

機器や美容の最新情報を常に習得し、継続的に勉強をしていくことで、お客さんの満足度向上はもちろん、自分が綺麗になることも多いでしょう。

また専門的な知識と熟練した技術を身に着けることができれば、エステティシャンとして自分の知名度を上げていくことも可能です。歩合制度でボーナスがアップするお店は多いです。そしてもしエステティシャンとして有名になれれば、自分でお店を出すことも夢ではありません。

そんな人気エステティシャンになるには、技術面のスキルだけではなく、お話を丁寧に聞き、会話を楽しませることや、リラックスできる雰囲気作りも重要です。

働く前と後の印象の違い

エステティシャンは、施術だけが仕事だと思っていませんか?実は施術前後のカウンセリングがとても重要なのです。カウンセリングによって、お客さまの要望を聞き出すことができ、次回への対応へとつながります。また上手く話ことで、高額な大きいプランに契約してもらうことも仕事の1つになります。

そのほか顧客管理やマシン清掃など、事務業務や雑務のようなことも多いのが現実。

ただしエステティシャンになることで、綺麗になれたという声はよく聞きます。お客さんが美しくなっていくのをみるのも非常にやりがいのある仕事といえるでしょう。

ここまで徹底的に美に関われる仕事はなかなかありません。最近ではネイルサロンと併設されている店舗も多いので、たくさんのスキルを持ち合わせていることで、エステティシャンとして有名になることができ、給与も自然に上がっていくでしょう。

仕事における目標を持って働くだけで、日々の仕事が一気に変わってみえるかもしれません。