海事代理士はつらい、きつい?常にスキルアップし続ける必要がある

記事の著者:1889196

船舶の所有者は、船舶の登録・変更作業や、海上運送・入出港などに関わる申請作業をする必要があります。海事代理士は、そのような作業を代行しておこなう職業です。

国土交通省の国家資格である海事代理士は、海の行政書士と呼ばれており、船舶がある限り仕事がなくなることはありません。そんな海事代理士は、行政書士が兼任していることが多く、海事代理士を専業でやることは非常に大変です。

今回は海事代理士がつらいと感じる瞬間についてみていきましょう。

つらい・きついと思った瞬間

依頼されにくい

海事代理士がおこなう主な業務は、船舶の登録・変更のための書類を作成することです。これは行政書士や司法書士もおこなうことが可能です。また、海事代理士を知らない顧客は、一般的な行政書士や司法書士の事務所に依頼することがあるので、海事代理士に依頼がされにくいことがあるのが現状です。

そのため、海事代理士と会社員や行政書士などを兼業している人が多く、専業でやっていくのはとても大変な仕事です。

勉強に追われる

海事代理士の活躍できる領域は海事に限定されています。そのため、海事代理士の資格だけでなく、複数の資格を合わせて持っていたほうが有利といわれています。

ほかの国家資格を取得しようとする海事代理士も多いので、海事代理士になっても勉強に追われてしまい、大変に感じる人もいるでしょう。

時間に余裕がない

港に入ると半日~1日しか停泊しない船がほとんどです。海事代理士は、停泊している短時間にすべての手続きをおこなう必要があります。

荷物を運ぶ船の場合、検査のために出港が遅れてしまうと、積み荷の到着も遅れてしまい、損害賠償につながることがあるので、手続きは絶対に遅れないようにしなくてはいけません。

また、船にある機械が故障した際は修理をします。その修理に問題はないか、正常に動作するかを検査することも、海事代理士の仕事のうちです。停泊中の数時間で検査や手続きを完全に終えなくてはならないので、楽な仕事ではありません。

つらさ・きつさの解決方法

海事代理士は、日本の船はもちろん、外国の船にも対応します。そのため、びっくりするほど大きな船や、外国の珍しい変わった船や乗ることができます。また、日本各地の港に行く仕事もあり、楽しいと感じることも多いです。

新しい船の登録時におこなわれる船舶試運転に立ち会うことができるなど、海事代理士は、海や船好きにはたまらない仕事でしょう。

船がいつ入港するかは事前に知らせを受けています。船の検査は時間との勝負なので、海事代理士として、事前にミスや漏れがないよう、できる限りの準備をすることが大切です。

働く前と後の印象の違い

海事代理士は、資格を取得すれば、自分で事務所を開いて業務ができると考える人も少なくないと思います。しかし、海事代理士の資格を取っただけでは、実際の業務を遂行できないことが多いです。

日本海事代理士会に入って研修を受けることや、勉強会に参加することで、スキルアップを図ることが大切です。

自分がやりたい業務に必要な資格が他にもないか、視野を広げて、様々な仕事に対応できるよう努力していくことも重要になります。

耐えられないときは、転職の検討を

今の仕事に耐えられないときは、転職サイトに登録してみましょう。新しい仕事を探すことで、気持ちが楽になるかもしれません。

転職サイトのなかでもおすすめなのは、リクナビNEXT。約9万件の求人情報が掲載されています。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。