インテリアデザイナーから転職!知識とデザイン力の活かせる仕事がおすすめ

記事の著者:1150122

ホテル・美術館・イベントブースなどで空間をインテリアを使って空間をデザインするインテリアデザイナー。インテリアに対する高い見識とセンスが求められる仕事です。

しかし、インテリアデザイナーは非常に多忙で転職したいと考える人も少なくありません。

インテリアデザイナーとしての転職は、デザインにおける知識や演出のスキルで、他の仕事でも十分活かすことができます。

インテリアデザイナーが転職するきっかけ

インテリアデザイナーは、ホテルや美術館など、素敵な空間を作る必要があるところに、インテリアをコーディネーターして空間を演出するのが仕事です。

インテリアデザイナーの仕事はやりがいのある仕事ですが、実際のお客さんがどのように感じているかまでは見えにくい部分があります。

それに加えて、インテリアデザイナーとして将来どうしたらいいかがわからなくなってしまったことから転職を決意することが多いです。

インテリアデザイナーとしての将来に不安を感じるようになったら、仕事は辞めどきだと考えられます。なぜなら、そのような中途半端な気持ちで素敵な空間を演出することなどできないからです。

転職する前に上司に相談して辞表を提出すると、上司が納得さえすれば辞めることができます。

インテリアデザイナーからおすすめの転職先

インテリアデザイナーから異業種でおすすめの転職先は、広告業界です。広告業界であれば、これまでインテリアデザイナーとして働いていた経験を活かすことができます。

広告でも、空間を素敵に演出するというスキルは生かすことができるからです。

インテリアを紹介する記事を執筆することもできますし、素敵な構図で写真を撮ることもできるなど、インテリアデザイナーとして働いていた経験を存分に活かすことができます。

さらに、広告業界は慢性的な人手不足となっているので求人倍率も安定しています。最近では、新聞や雑誌だけではなく、Web媒体にも記事を執筆したり雑誌を編集したりすることもできるようになっています。

映画のイベントやスポーツイベントのプロデュースをすることもあるなど、仕事の裾野はかなり広い業界です。

転職活動のときに、広告代理店に転職する場合には、その会社の仕事内容をきちんと調べておくことが大切です。

広告業界にはさまざまな仕事があることから、自分の経験に合った仕事をすることができるのも魅力の1つと言えます。

転職に成功すれば、インテリアデザイナーとして働いていた頃よりも安定した給与であることが多いことも魅力です。

比較的高給な部類に入る仕事です。生活が経済的に安定することから、心理的な安心感を得ることができます。

生活が安定すれば、将来のビジョンを描く余裕もできるようになっていきます。

インテリアデザイナーが転職前に考えておくこと

インテリアデザイナーから転職する前に考えておく必要があるのは、インテリアにたずさわる仕事にはもう戻れない可能性があるということです。

インテリは毎期新作のものが登場します。1度その場を離れてしまえば、インテリアをデザインする仕事に戻ることはできませんし、流行についていけなくなります。

もう2度と同じ仕事はできないことを覚悟して転職することが大切です。

まずは転職サイトで可能性を

インテリアデザイナーから他業界に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、広告業界などの優良求人の掲載が多数あります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTのサイトを見る