ウェブデザイナーから転職!ウェブやデザインの知識が活かせる仕事がおすすめ

記事の著者:1150122

ウェブページのデザインを考えるのが仕事のウェブデザイナー。ウェブデザイナーの仕事は非常にハードなので、転職したいという人も多くいます。

ウェブデザイナーは、他の職種と比べても転職しやすい仕事です。なぜなら、今の時代どの企業にとってもウェブは必要なツールだからです。

そのウェブに精通しているウェブデザイナーは、今までつちかってきたスキルは活かせるような転職をすることができます。

ウェブデザイナーが転職をしたいと思ったきっかけ

ウェブページのデザインを考えるのがウェブデザイナーの仕事です。希望するウェブページはクライアントによって異なるので、クライアントの希望通りのウェブページを製作するのは完全にオリジナルで、非常に手間のかかる仕事。

仕事量はクライアントからの依頼に依存することになるので、仕事によっては徹夜で仕上げなければならないことあります。そんな仕事の仕方をして身体を壊しがちになり、転職したいと考えるようになったきっかけとなることが多いです。

ウェブデザイナーはフリーランスであることが多いので、いつでも仕事を辞めることができます。そのため、転職活動を始めたことをきっかけにして、ウェブデザイナーの仕事は辞めるのが一般的。

ウェブデザイナーにおすすめの転職先

ウェブデザイナーから異業種の転職先に転職する場合には、広告業界がおすすめです。

広告業界であればウェブデザイナーとして働いていた経験を存分に活かすことができます。最近では、広告業界の仕事にもインターネットの知識が求められるようになっており、Web媒体に広告を出したいと考えているクライアントがたくさんいます。

そのため、ウェブデザイナーとして働いていた経験は広告業界でも重宝される能力です。広告にもさまざまな種類のものがあるので、ウェブの知識を活かしたものから、雑誌に掲載される広告を編集したりすることもあります。

ウェブデザイナーと違って、広告業界の仕事はチームワークが大切な仕事。自分がわからないところは同僚が助けてくれるので、初めての業界でも安心して働けるのが魅力です。そのため、異業種への転職であったとしても安心して働くことができます。自分の得意なことを活かすことができる仕事です。

クライアントから依頼をされて仕事に取りくむという点については、ウェブデザイナーと広告業界で同じ。しかし、よりよい広告を作るために同僚としっかりとチームで仕事をしつつ、クライアントと積極的にコミュニケーショをとる必要があります。

自分が作った商品の広告によって、売れ行きが伸びたとクライアントが喜んでくれたときの喜びは非常にやりがいに感じます。

ウェブデザイナーが転職前に考えておくこと

ウェブデザイナーから転職する前に考えておきたいことは、もう2度とウェブデザインの仕事に戻ってこれなくなるということです。プログラミング技術は日進月歩なので、すぐに新しい技術が現れて昔の技術がすたれていきます。

そのため、ウェブデザイナーとして活躍していた頃の知識はどんどん需要がなくなり、職種に戻ることが非常に難しいです。その点を踏まえた上で転職活動をしなければなりません。

まずは転職サイトで可能性を

ウェブデザイナーから他業界に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、優良求人の掲載が多数あります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。