臨床工学技士から転職!医療業界知識を活かせる仕事がおすすめ

記事の著者:2165723

臨床工学技士とはメディカル・エンジニア(ME)とも呼ばれ、病院やクリニックなどで使用される医療機器を取り扱う専門家です。

機器の保守や点検を始め、治療や手術などではチームの一員として参加して、機器の操作やと他のスタッフのサポートをすることもあります。

このため医学と工学の両方の知識を持っていなければならず、国家資格が必要とされる職業です。

臨床工学技士から転職をしたいと思ったきっかけ

転職のきっかけは、臨床工学技士の認知度の低さに嫌気が差した、ただの機械屋さんと思われるのがたまらなかった、機器の保守だけで医療行為を任せてもらえなかった、看護師にも点検の人とバカにされた、操作方法を説明するのに苦労した、イメージしていた仕事内容ではなかった、など仕事内容に関する声が多かったです。

また、24時間体制の待機状態が続いて息が詰まりそうだった、緊急の呼び出しがしょっちゅうで気が抜けない、自分のミスで医療事故を起こしてしまわないかという恐怖感、職場のピリピリとした緊張感、胃が痛くなるようなプレッシャーに耐えきれなかった、病院の閉鎖的な人間関係がこじれている、など職場環境に関する声もありました。

臨床工学技士に異業種でおすすめの転職先

医療機器メーカーの営業職

医療機器メーカーは、透析膜やチューブなどの消耗品から内視鏡や放射線、手術室分野の高額な検査機器までたくさんの種類があります。

外資系メーカーや精密機械の他分野からの参入も多く、福祉関係や調剤薬局向けの検査機器を専門にするメーカーやアメリカからの輸入品を専門的に扱うメーカーも。

特定の分野に特徴を持つメーカーが多いため、競合も少なく営業がしやすいという特徴があります。

また、扱ったことのある製品であったら、利用者としてお客様に提案できるという強みも持つことが可能です。

医療コンサルティング

医療コンサルティング会社は、クリニックの開業支援や運営支援、業務改善などのアドバイスをしていきます。

医療従事者として働いてきた臨床工学技士は現場の問題を理解しているので、非常に重宝されます。

スキルとしては、経営やマーケティングなど総合的な知識が必要とされ、お客様のために行動力も要求される仕事です。

また病院だけでなく、製薬メーカーや医療機器メーカーへのコンサルティングをする会社もあります。

医療専門転職アドバイザー

医療専門転職アドバイザーは、医療業界の内情の知識を活かせる職業です。

仕事では、応募者に適切なアドバイスをして転職の支援をしていきます。

人と接するのが好きで、コミュニケーション力に自信がある人におすすめの職業先です。

臨床工学技士が転職する前に考えておくこと

転職の準備をする際には、医療業界に限らず広く情報を集める必要があります。

ただ量ばかり増やしても、自分のやりたいことをイメージできていないと無駄になってしまいます。

そこで、人と接する仕事をしたいのか、機器を正確に操作する仕事をしたいのか、どちらかを選択することが必要です。

医学と工学のどちらの知識や経験を活かしていきたいのかも、自分の中で結論を出してから転職準備を始めてください。

まずは転職サイトで可能性を

臨床工学技士から他業界に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、臨床工学技士から異業種への転職にも多数の実績があります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)