社会福祉士から転職!介護の現場知識を活かせる仕事がおすすめ

記事の著者:2165723

社会福祉士とは、さまざまな障害を持つ人たちの相談に乗り、社会生活を送れるようにアドバイスや指導をおこなう職業です。

ソーシャルワーカーや生活相談員、ケースワーカーなどと呼ばれることもありますが、高齢者や障害者、生活保護者や児童など福祉に関する全てを対象とする仕事です。

また社会福祉士には、国家資格が必要になります。

社会福祉士から転職をしたいと思ったきっかけ

転職のきっかけは、心を開いてもらえない事が多く力不足を感じることが多かった、法律や制度の壁にぶつかることが多かった、1人で解決できないジレンマを感じた、自分の仕事が本当に役に立っているのか自信が持てなかった、などさまざまな壁にぶつかった経験を多かったです。

また、役所や病院などとの関係がうまくいかなかった、協力を取り付けようとしても真剣に聞いてもらえなかった、弱者を救おうとする気持ちのない人達と連携するのは辛かった、精神面で悩むことが多くなり、中途半端とは思いながらも転職した、などの声もありました。

社会福祉士におすすめの転職先

占い師

占い師は信用のない職業と思われがちですが、占い師の本質は客の相談に乗り、解決案を提示して不安を解消させるセラピストやヒーラーとしての役割があります。

現代社会において、仕事や人間関係のストレスから精神に不安を抱える人達は数多く、相談できる相手がいない人にとって頼りになるカウンセラーといえます。

そのため占いなどの技術よりも、相手の話を理解する能力や包容力、冷静にアドバイスできる能力など総合的な人間力が求められるため、社会福祉士には適職です。

オンライン相談員

オンライン相談員は、障害者に限らずあらゆる人たちの悩みの相談に乗るため、人生経験の豊富さや対話力が必要です。

悩み解決のためには何度もやり取りをする忍耐力も必要で、社会福祉士の経験を活かしやすいと言えます。

オンラインと言う気軽さや時間を気にする必要がないため、利用者に安心を与えられるというも特徴です。

文筆業

仕事をとおして多くの人々と接触してきた経験は、文章として残しておくべきです。

社会的弱者の現状や、それに対応する制度や現場の実態を伝えていくことは、広い意味で福祉の仕事に関わっていると言えます。

社会福祉士が転職する前に考えておくこと

社会福祉士からの転職は、人と接する業界を優先的に考えるべきだということです。

精神的な負担はどの職種にもつきものですから、理想を追い求めすぎずに、本当に何をしたいのかを見失わないことが重要。

とくに人に対してのデリケートな対応を経験してきたのは大きな強みであり、自分自身の強みとしてはっきり意識するべきです。

技術や資格以上に、本人の気持ちを重視する企業も多数あるので、自信を持って転職活動をする大切があります。

まずは転職サイトで可能性を

社会福祉士から他業界に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、社会福祉士から異業種への転職にも多数の実績があります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。