臨床検査技師から転職!薬の開発に関わる仕事がおすすめ

記事の著者:2165723

臨床検査技師とは、患者の状態を正確に把握するための検査をおこなう、国家資格を持つ医療スタッフです。

血液を採取しておこなう「検体検査」や、心電図や脳波などをあつかう「生理機能検査」を通してデータの収集や分析をし、医師やチームスタッフに結果を伝達する重要な仕事。

臨床検査技師は、病院のほかに検査センターや健康診断センターなどで勤務しており、検査を専門にしている技師もいます。

しかし、緊張感のある中で長時間働かければならず、転職を考える人も少なくありません。

臨床検査技師から転職をしたいと思ったきっかけ

転職したいきっかけは、人手不足でほとんど看護師と同じ扱いだった、緊急の検査をおこなう場合もあり気が抜けなかった、大量の検査が入ると徹夜の場合もあった、手術への立会が苦手でだめだった、などの作業の苦労を語る声が多かったです。

また、新しい機械や検査方法にについての勉強が大変だった、データの読み違いや入力ミスが患者の死に直結するというプレッシャーが重すぎた、1日中ほとんど機械に向かっているのが耐えられなかった、という精神的な苦痛を語る声もありました。

他にも、機械が発達すれば誰でもできるのではないかと自信がなくなってきた、面倒な患者や嫌なスタッフなどが多すぎて嫌だった、とにかく人間関係が面倒で検査専門にできるところに転職した、などの声がありました。

臨床検査技師におすすめの転職先

治験コーディネーター

治験コーディネーターは、製薬メーカーが新薬を開発する際の臨床検査に立ち会う職業で、医師や薬剤師、看護師など多くのスタッフの一員として働きます。

検査だけでなく治験参加者への対応や、スタッフやメーカーなどとの調整役となるため、コーディネーターという名称が使われています。

資格や実務経験により優遇されることも多く、人と接するのが好きな方にはおすすめの職種です。

製薬メーカーの検査部門

製薬メーカーの検査部門への転職は、細胞検査技師の資格があるとさらに有利な場合が多い職種です。

さまざまな検査を通してデータを収集して、その分析や評価をおこない新薬開発の研究に関わります。

多くの知識を得るために海外の文献なども読む必要があり、英語力を問われることもあります。

また民間以外でも、動物医療用の検査に力を入れている検査センターなどもあるため、転職の道は広いです。

医療機器メーカーの営業職

医療機器メーカーの営業職は、とくに検査機器に特化したメーカーであれば経験が活かせる職種です。

地味な病院まわりが多く、すぐに結果が出るという簡単な仕事ではありませんが大きな注文につながることもあり、やりがいのある仕事になります。

臨床検査技師が転職する前に考えておくこと

医療業界の求人は非常に恵まれているので安易に決めず、転職先情報をしっかりとしたリサーチをする必要があります。

面接に受かって働いても労働環境が悪く、すぐにまた転職をすることになってしまうからです。

また、自分のスキルを見極めて足りない知識を身につけるための資格を取得できたら、さらなるキャリアアップへとつながります。

転職は条件だけでなく、スキルの面でも考えておくことが大切です。

まずは転職サイトで可能性を

臨床検査技師から他業界に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、臨床検査技師から異業種への転職にも多数の実績があります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)