海事代理士から転職!細かな事務作業の経験を活かせる仕事がおすすめ

記事の著者:2165723

海事代理士とは海事に関する法律に基づいて申請や登記などの手続きをおこない、海に関わる会社や従業員、船舶の安全を守る職業です。

業務内容は、司法書士、行政書士、社会保険労務士がおこなう業務を一手に引き受けることになります。

国際法の知識も必要になり、国家資格は必須です。その特殊な仕事だからこそ将来性に対して不安に感じ、転職を考えるという人も少なくありません。

海事代理士が転職をしたいと思ったきっかけ

転職のきっかけは、造船業界の先行きを考えると不安になった、ボートの登録なら誰でもできる、とにかく大きな船が作られなくなってきたこと、など業界の将来に対する不安を感じる声が多かったです。

また、書類仕事だけかと思ったら他の仕事もさせられた、暇な時によその手伝いをやらされる、コネやパイプがなければ独立は難しいと気づいたから、など海運会社での扱われ方への意見もありました。

そして退職理由は、正直に書類仕事に飽きたと言って辞めた、新しい分野に挑戦したいと言って納得してもらった、など率直に上司に言ったという人が多かったです。

海事代理士におすすめの転職先

司法書士・行政書士・社会保険労務士

この3つの職種の場合、民間の事務所で経験を積みながら、資格習得を目指すことになります。

取り扱う法律の知識も多岐にわたり、試験の難易度もかなり高いものですが、将来の独立も視野に入れれば、挑戦する価値はある仕事です。

また海事代理士としてやってきた業務と非常に近いものがあり、転職先で比較的早期から活躍することができます。

通関士

通関士は、さまざまなものを輸出入している業者にかわって、税関での手続きを代行する仕事です。

事務手続きのほかにも、商品に対する知識や、税率を決定するための審査能力、英語力なども必要になり、国家資格も取得することになります。

通関業者に勤務しながら経験を積む必要がありますが、海事代理士として細かな事務作業を活かせる職場になります。

また、海運業界に限らず、航空業界や商社など活躍の場は広く広げていける業種です。

一般事務職

一般事務職は、法律に従って正確な業務をこなしてきた経験や、性格の適正面から言っても転職先として非常におすすめです。

一般企業で言えば総務や人事などに当たりますが、書類作成の経験以外にも、交渉力や統率力など新たな能力が要求される場面もあります。

また「地方公務員」の事務職を目指す道もありますが、希望する部署に配属されない可能性もありますので、注意が必要です。

海事代理士が転職する前に考えておくこと

物流業界と言えば、日本の基盤をなす業界なので、それに関わる事務職の種類も豊富です。

海運業に限らず、その他の可能性を探る必要があり、資格を取得することで受けられるメリットについても十分に検討しなければなりません。

取得するための労力に見合うだけの対価を得られるのか、期間はどのくらいかかるのか、将来性はどうなのかなど、広い視野を持って転職の情報を集めることが大切です。

まずは転職サイトで可能性を

海事代理士から他業界に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、海事代理士から異業種への転職にも多数の実績があります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。