エグゼクティブ・プロデューサーから転職!制作や企画力の活かせる仕事がおすすめ

記事の著者:1150122

映画や音楽などの製作権を持っているエグゼクティブ・プロデューサー。

監督やプロデューサーと呼ばれる人たちよりも上位にあたるエグゼクティブ・プロデューサーは、現場を総合的に指揮することが仕事です。

エグゼクティブ・プロデューサーは珍しい仕事なので、転職先として選ぶべき仕事を迷う人が多くいます。基本的に転職は、自分のスキルが活かせる仕事というのを基本に探すようにしましょう。

エグゼクティブ・プロデューサーの転職のきっかけ

エグゼクティブ・プロデューサーから転職しようと思ったきっかけは、実際の現場の仕事ができなくなってしまったからというのが多いです。エグゼクティブ・プロデューサーとなると、現場を総合的に指揮するのが仕事になるので、現場の仕事は若い人に任せるだけとなりがちです。結果として、現場で自分の思うように仕事をすることができなくなってしまいます。

それがきっかけとなってエグゼクティブ・プロデューサーからの転職を考えるようになります。エグゼクティブ・プロデューサーを辞めるタイミングとしては、作品を手がけていない期間に辞めるのがベスト。なぜなら、作品期間は一緒に仕事をしている人たちに迷惑がかかる可能性があるからです。仕事を辞めるときは、会社に辞表を提出してスムーズに辞めることができます。

エグゼクティブ・プロデューサーにおすすめの転職先

エグゼクティブ・プロデューサーのおすすめの転職先は、マスコミ関係の仕事です。マスコミ関係の仕事であれば、エグゼクティブ・プロデューサーとして働いていた期間に得た知識や経験を活かすことができます。マスコミ関係の仕事の中でも、大規模なテレビ局の番組制作がエグゼクティブ・プロデューサーにはおすすめです。

エグゼグティブプロデューサーはこれまで大規模な映画制作・音楽制作にたずさわっている人なので、テレビ局の作る大規模な番組制作に向いています。エグゼクティブ・プロデューサーとして働いた経験のある人は少ないので、その経験を活かせば比較的容易にテレビ局であっても職を探すことが可能。

異業種であるものの、エグゼクティブ・プロデューサーとして働いた経験を活かすことができるので、仕事にもすぐに馴なじむことができます。そのため、年齢を重ねている場合でも安心して転職できるのがテレビ局の仕事です。

エグゼクティブ・プロデューサーがテレビ局の仕事に転職すれば、さまざまな現場で若手の仕事を指導しながら一緒に作品を作ることができます。テレビ局の仕事の場合は、大きなチームで動くことが多いので、自分の思うような作品を手がけることができ、満足度も高い仕事です。

テレビ局での仕事は多忙な仕事ですが、さまざまな人々と関わる機会の多い仕事なので、コミュニケーション能力が問われます。エグゼクティブ・プロデューサーとして働いた経験があれば、この点も問題なくクリアできるはずです。高いコミュニケーション能力があれば、仕事もスムーズにこなすことができます。
 

エグゼクティブ・プロデューサーが転職前に考えておくこと

エグゼクティブ・プロデューサーから他の仕事に転職する前に考えておきたいことは、転職する前よりも給与面については低くなる可能性が高いということです。エグゼクティブ・プロデューサーは現場の総責任となるので、比較的高い給与の支払いがあります。

エグゼクティブ・プロデューサーよりも地位の高い仕事は珍しく、転職するときに同等の仕事に就けることはかぎりません。その結果、エグゼクティブ・プロデューサーよりも給与面ではめぐまれない職に就く可能性が高いということを、視野に入れておくことが重要です。