芸人から転職!人脈やコミュニケーション力の活かせる仕事がおすすめ

記事の著者:1150122

人を笑わせるのが仕事の芸人。売れるまでの期間がとても長く、成功するのが一握りの厳しい世界です。

きらびやかな世界と思われやすい世界ですが、実際にその道はけわしく転職する人も多くいます。

ただ、芸人として高いコミュニケーション力や、雑草根性はどの職業にも負けない強みとなります。

芸人から転職をしたいと思ったきっかけ

芸人から転職したいと思うきっかけは、なかなか売れずに将来に見通しが立たなくなってしまうからです。長年の夢だった人が多いのでずっと続けていますが、なかなか芽が出ずずっとくすぶったままでいることに嫌気がさしてしまいます。

年齢を重ねるに連れて自分の能力にも限界を感じるようになってしまったので、転職を考えるように。転職して、生活を安定させたいという気持ちが大きくなったことがきっかけで、転職を考える人も多くいます。

売れていないほうが、芸人を辞めやすいでしょう。基本的にはどんな芸人でも、会社に辞表を提出すれば簡単に事務所を辞めることができます。辞めるべきタイミングは比較的自由です。

芸人から異業種でおすすめの転職先

芸人から異業種でおすすめの転職先は飲食店です。飲食店ではお客さんとの高いコミュニケーション能力が求められます。もともと芸人をしていた経験を活かせば、この点については問題なくこなすことができます。

異業種に転職する場合になによりも考えるべきことは、転職先の仕事に自分がなじめるかどうか。経験や能力を活かす仕事に転職することは大事ですが、楽しく仕事ができなければ誤った転職となってしまうからです。

そのため、異業種に転職するときには、きちんと自分の性格や生活スタイルと合っているかどうかを考えておくことが必要です。そうすることによって、転職先でも仕事を長く続けることができます。

長く続けることができない仕事だと、また転職活動をしなければならなくなってしまいます。そのため、転職先を考えるときには長く続けられそうかについても考えておくことが大切です。こうした点で、飲食店だと長く続けることができ、経験がなくても雇ってもらえるので、一定程度の給与収入も得ることができます。

芸人時代の人脈を活かせば、友人がお店に遊びにきてくれるなどの効果も見込むことができます。飲食店での経験を積むことによって、最終的に独立を目指すこともできるのが、飲食店を転職先としておすすめする理由です。
 

芸人が転職する前に考えておくこと

芸人から転職するときに考えておきたいことは、もう2度と芸人になることはできないということです。特殊な仕事なので一度辞めると戻ることが難しくなります。

さらに芸人から転職する場合、会社の慣行やビジネスマナーをきちんと踏まえた上で行動できるようにならなければなりません。芸人として仕事をしてきた頃よりもはるかに組織に内部のルールが厳しくなるので、その点を考慮した転職活動が必要です。

まずは転職サイトで可能性を

芸人から他業界に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、飲食店などの優良求人の掲載が多数あります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTに登録する(無料)