運転代行から転職!コミュニケーション力を活かした仕事がおすすめ

記事の著者:1150122

お酒を飲んだときに、運転手の代わりに車を運転する運転代行。

夜に仕事をすることが多いので、必然的に夜勤となることの多い仕事です。

そんな運転代行の仕事は客とのやり取りでストレスを感じることも多く、転職を希望する人も少なくありません。

ただ、運転技能は他の職種で活かすことが難しいスキルなので、そこを理解しておくことは重要です。

運転代行から転職をしたいきっかけ

運転代行を転職したいと思う多くの人は、将来に不安を感じるからです。

運転代行の仕事は、常に人と関わる仕事です。基本的にお客さんはお酒を飲んでいることから、かなりひどい扱いを受けることもあります。

それが仕事のストレスになってしまい、運転代行の仕事に嫌気がさしてしまう人が多くいます。

そんなときに、将来のことを考えるようになって、転職することを決意する人も多いです。

やめるべきタイミングとしては、いつでも構いません。辞める方法も簡単で、会社に辞表を提出すれば辞めることができます。
 

運転代行におすすめの転職先

運転代行が異業種に転職するときにおすすめの転職先は、営業職です。

運転代行の仕事とは違い、昼間の仕事となるのでまず生活時間が安定するようになります。

基本的に営業職であれば、深夜まで勤務しなければならないということは少ないです。

また、会社での勤務となるので経済的にも安定させることができます。経済的に安定することが、営業職に就く1番の魅力です。

営業職の仕事は非常に高いコミュニケーション能力を求められますが、運転代行で培ってきた経験があれば、営業先でも問題なくコミュニケーションがとれることが多いです。

また、面接のときにも営業職は、運転できるかどうかは重要な要素となるので、面接でもアピールすることができます。

その他にも、営業職の仕事は確実に休日をとることが可能。

働いている人が休みのときに仕事をする運転代行と違って、規則正しい時間帯で働くことができるので、体力的に自信がない方でも安心できます。

睡眠時間をきちんと確保できるという意味で、健康面でも営業職の方が恵まれています。

運転代行が転職前に考えておくこと

運転代行から転職する前に考えておくことは、運転ができるだけで仕事にならないということです。

どの異業種に行っても、運転以外の仕事もおこなわなければなりません。

また、転職先での仕事が自分のしたい仕事ばかりとは限らないので、自分が嫌だと思うことにも取り組む必要があります。

仕事が嫌になっても、転職を繰り返していては本末転倒。その点をふまえた上で、転職活動を始めることが大切です。

まずは転職サイトで可能性を

運転代行から他業界に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、運転代行から異業種への転職にも多数の実績があります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTのサイトを見る