映画監督から転職!制作経験の活かせる仕事がおすすめ

記事の著者:1150122

映画を監修するのが仕事の映画監督。

一見華やかなな仕事ですが、すべての人が成功できるわけではありません。

そのため成功することをあきらめて、映画監督から転職を考えている人がいます。

映画監督からの転職は、メディアの知識や制作の経験を活かす仕事に就くと、成功しやすいです。

映画監督から転職をしたいきっかけ

映画監督から転職したいと思う人の多くは、将来性が見えなくなってしまうからです。映画監督として活躍できるのは、一握りの人だけ。

成功した人は転職を考えないと思いますが、人気のある映画の監督でないと経済的に厳しくなってしまいます。

結果がすべての世界なので、制作費が十分に確保できなければ、制作費を自腹で出さなければならないようなことも。

そのような環境なので、いつまでも映画監督の仕事を続けるわけにもいかなくなり転職を考えるようになります。

映画作品を作っているときには辞めることができませんが、それ以外であれば、制作会社側に辞表を出すことで、1,2ヶ月後に辞めることができます。

映画監督におすすめの転職先

映画監督から異業種でおすすめの転職先は、番組制作会社です。

番組制作会社はマスコミ業に分類されますが、その中でもTV番組やドラマを作る仕事が向いています。

映画産業は売れなければ経済的に不安定となりがちですが、番組制作会社であれば、経済的にも自分の状況を安定されることができます。

ドラマや番組の製作であれば、これまで映画監督として得てきた知識や経験をそのまま活かすことができるのでおすすめです。

いきなり1から仕事を覚えなくていいので、スムーズに新しい仕事になじめることがメリットです。

番組制作会社の仕事では、番組制作会社側が必要となる資金面は工面することになるので、自分の作品作りにだけ集中することができます。

また、番組制作会社では映画監督時の人脈を活用することもできるので、転職活動は有利です。

映画監督のような特殊な職業は、番組制作会社としても欲しい人材となるので、重宝される人材。

慣れない業界への転職活動は、不慣れな作業の連続でストレスフルな生活になってしますので、自分の知識のある業界だと安心して働けます。

できるだけストレスなく転職活動をするためにも、映画監督からであれば番組制作会社は非常におすすめです。
 

映画監督が転職前に考えておくこと

映画監督から転職する前に考えておくべきことは、転職してしまえばもう2度と同じ仕事には就けないと考えておくことです。

映画監督になれる人は一握りです。

転職したい、就職したいと思っても、映画監督になることができる人自体が少ないのが現状。

1度辞めてしまえばもう2度と同じ仕事はできないことを覚悟した上で、転職活動をしなければなりません。

まずは転職サイトで可能性を

映画監督から他業界に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、映画監督から異業種への転職にも多数の実績があります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTのサイトを見る