運転手から転職!運転能力を活かせる職種は少ない

記事の著者:1150122

荷物や人を運ぶのが仕事の運転手。

仕事が不規則になることが多いことから、自分の生活も不規則となりがちで、ストレスも多い仕事です。

そのため、ストレスの多い生活から抜けだしたくなり、運転手から転職したいと考えている人も多くいます。

ただ、運転能力が他の業界でいかせることは稀なので、きちんとそれを理解しておくことが必要です。

運転手から転職をしたいきっかけ

運転手から転職することを考えるのは、自分の生活が不規則になってストレスがたまっているのを感じるようになるからです。

運転手の仕事は何時〜何時まで働くというのが大まかにしか決まっていません。

長距離の移動があることもあって、仕事が終わる時間がまったく異なるからです。

夜中に車を運転することもあるので、生活も不規則になりがちになり、長距離の移動をするとその日は家に帰れないこともあります。

その結果、自分の生活リズムがくずれてしまい、家を空ける日も多くなってしまうので、運転手から転職を希望するようになります。

運転手におすすめの転職先

運転手から異業種でおすすめの転職先は、会社の営業職です。

会社の営業職であれば、就業時間も定められおり、経済的な収入も安定します。

会社の営業職であれば、取引先や新規顧客となってくれそうな会社に営業に行くことになるので運転免許が必須です。しかし、運転手経験があれば申し分ないでしょう。

また、営業職にはコミュニケーション能力が必要となりますが、運転手をしていた対人経験があれば問題なくこなせます。

コミュニケーション能力が高ければ、自分の能力を活かして売り上げを伸ばしていくこともできます。

営業職の場合、売り上げに貢献すれば会社から奨励賞などの賞を受けることもできるなどの、やりがいを感じられる仕事です。

毎日の仕事にやりがいを感じることができる仕事であれば、ストレスもまったく気にならなくなります。

きちんと仕事をした分だけ、きちんと報酬があるのが会社の営業職の魅力です。

ただ注意点は、運転手から会社の営業職に転職するときに、きちんとした言葉遣いと礼節が重要だということです。

そして、きちんとした身なりも仕事に取り組むうえで大切。

その点だけは注意して、転職活動に臨むことが必要です。
 

運転手が転職前に考えておくこと

運転手から転職するときに考えておきたいことは、運転手としてつちかってきた能力と他の仕事で求められる能力は異なるということです。

そのため、運転手から転職する場合には、相当の努力をして転職先に仕事に取り組まなければなりません。

運転ができるだけでは評価されない世界なので、その点をきちんと考えた上で転職をする必要があります。

まずは転職サイトで可能性を

運転手から他業界に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、運転手から異業種への転職にも多数の実績があります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTのサイトを見る