宇宙飛行士をやめたい・転職したい。転職するなら職歴で能力が高いことを証明できる

記事の著者:1150122

宇宙飛行士として活躍しているうちの一人である金井宣茂氏は、国際宇宙ステーションに約5カ月半滞在した後、2018年6月に中央アジア・カザフスタンの草原に帰還しました。金井さんは日本人宇宙飛行士としては12人目であり、宇宙ステーションでの長期滞在は7人目。滞在中、国際宇宙ステーションの運用に関わる任務や科学実験などをこなしました。

宇宙飛行士は、健康状態が非常に重要な仕事。些細なことでも問題があれば、職を失ってしまいます。そのため、転職となるケースも少なくありません。ただ宇宙飛行士は、なるだけでも大変なので非常に高い能力があるということを示せます。

今回は宇宙飛行士の転職事情についてみていきましょう。

宇宙飛行士をやめたい・転職したいと思うきっかけ

宇宙飛行士から転職をしたいと思うのは、健康に問題が生じたからという人が多いです。

宇宙飛行士として宇宙船に搭乗するためには、健康でなければなりません。そのため、日々の健康状態には気をつかうのが宇宙飛行士の仕事の一貫。しかし、宇宙飛行士として求められる健康はかなりレベルの高いものです。

そのため、どんなに気をつかっても年齢を重ねるごとに徐々に健康状態も悪化するようになってしまい、宇宙飛行士として健康状態を保つのがかなり厳しい状態となってしまいます。

宇宙飛行士におすすめの転職先

宇宙飛行士から転職するときに、おすすめの転職先は経営企画です。

宇宙飛行士は、さまざまな実験などを宇宙空間でおこなうことになるので、学歴や知識が要求されます。そのため、その高い能力を活かして経営企画に参加して欲しいと考えている民間企業はたくさんあります。

経営企画は経営者の会社経営のアドバイザーのような役割をする仕事なので、会社の舵取りを任されることになります。民間企業の中でも経営企画については給与も高いので、自分の能力に見合った給与を期待できるという点でも経営企画の仕事がおすすめです。

転職のとき、宇宙飛行士と履歴書に書いてあれば相手にかなりのインパクトを与えることができます。それだけ宇宙飛行士という仕事はめずらしいものですし、社会的な期待も大きい職業です。

宇宙飛行士をやめる・転職する前に考えておくこと

宇宙飛行士から転職する前に考えておくことは、さまざまなビジネスの慣例について理解しておくことです。

宇宙飛行士が所属する公的機関とは違って、民間の会社は全く異なる組織構造・組織文化・人間関係になっています。そのため、きちんとその点を理解したうえで転職活動をしなければなりません。

具体的に転職先がどのような仕事を把握したうえで転職するようにしないと、自分と合わない仕事に就いてしまう可能性があるので注意が必要です。

宇宙飛行士からの転職なら

宇宙飛行士をやめてほかの業種への転職を考えているなら、まずはマイナビエージェントに登録しましょう。

大手転職サイトのマイナビエージェントは、転職活動をする人の多くが登録する定番転職サイト。転職には意外と時間がかかるので、先に転職サイトへの登録だけでも済ませておくことがおすすめです。

キャリアアドバイザーが希望に沿って求人を紹介してくれるうえ、書類の添削、面接対策、スケジュール調整など転職活動全般のサポートも無料でおこなっています。

マイナビエージェントに登録する(無料)

JOBSTEP編集部がおすすめ!3つの転職サイト

複数のサイトに登録することで、より好条件・高年収など魅力的なオファーを受けることが出来ます。