随筆家になるには?より多くの作品を書くことが基本

記事の著者:1103870

随筆家の書いた文章は、エッセイと呼ばれていて随筆家は、エッセイストなどとも呼ばれています。

随筆家として活動している人は、俳優や女優や映画監督やお笑い芸人などが多く、本職のかたわら週刊誌や新聞などでエッセイの連載をしたりしていいます。

随筆家は、自分の書いた文章で人を感動させることができる仕事です。そんなやりがいある仕事ですが、一般人がなるにはとても厳しい道を通らなければなりません。

随筆家のなり方

随筆家は、エッセイストなどと呼ばれています。エッセイは、自分の実体験をもとに、自分の思いや考えをつづっていきます。

日常のことを日記風に書いたり、旅行好きなら旅行記、グルメ好きなら食べ物、子育て中なら育児などテーマごとに題材を用意する必要がありますが、テーマは無限。

随筆家になるには、書いた原稿を編集部へ持ち込んでアピールしたり、人の紹介などを頼って出版社や新聞社に契約してもらう方法がありますが、知名度がなければ難しいです。

そのためいつ随筆家の応募があるか確認できるように、気になる出版社や編集社のホームページやSNSは最低限チェックしておく必要があります。

随筆家になる1番の近道は、エッセイ賞や小説の新人賞や文芸賞やシナリオ大賞の文筆系コンテストで入賞を目指して応募することです。

コンテストは大小さまざまありますが、入賞することで自信をつけることができ、次の仕事にもつながります。一年中募集しているコンテストもあるので、応募はいつでも可能。しかし、入賞するのは狭き門です。

また、随筆家としてブログやSNSでエッセイを掲載している人もいるので、そうした活動も必要になります。

旅行が好きなら旅行記や、グルメ好きなら食べ物や子育て中なら育児など自分が興味があって、内容を理解しているものを選ぶようにしてください。自分の趣味であったらストレスに感じず書くことができ、より深い話もできます。

随筆家の書いたエッセイの著作権は、執筆者本人にあります。ため込んだ文章をまとめてエッセイ集として刊行することもできるので、作品をより多く書くことは大切です。

随筆家になるための必要な資格

随筆家になるための必要な資格は、とくにありません。随筆家は文章さえ書ければ、資格や学歴がなくても誰でもなれます。

しかしエッセイを書く上では、文の表現や語彙力の基礎知識は必要です。また、過去の名作と言われるエッセイにもふれておくことは大切なので、随筆家になっている人は大学の文学部などで学んでいる人も多いです。

随筆家として活躍するために必要な能力

随筆家が書くエッセイには、決まった形式はありません。読者に読みやすく分かりやすい文章が書ける文章力が必要です。

素直に自分の思いを伝えて読者の共感を得るためには、自らの体験を具体的に臨場感あふれる内容が書けるような文章力を身につけていることも重要です。

個人のブログやSNSの投稿も、自分だけで楽しむ純粋な日記とは違って、誰かに見られることを前提としているのがエッセイです。

そのため、プログを更新することで読者が読みたいと思う文章を書く練習が必要。最初は、起承転結の転で読者を惹き付ける文章を書けるような構成になるように、考えながら文章を書くことが大切になります。

そして随筆家になるには、何回でも書き、作品を多く残すことが基本です。

まずは転職サイトで可能性を

随筆家に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、文章を使った求人も数多く掲載されています。

随筆家になるには、何回も文章を書き、作品を残していくことが何よりも重要です。いきなり有名になれる訳ではありません。少しでも多くの人に名前を知ってもらうためにも、まずは文章を書く仕事を探してみるのがいいでしょう。

リクナビNEXTは、登録から転職まで、すべて無料!まずは気軽に登録してみて、候補となる会社や仕事の条件を、調べてみませんか?

リクナビNEXTのサイトを見る