客室乗務員になるには?TOEIC600点以上程度の英語力が必須

記事の著者:1103870

客室乗務員とは、航空業界では、花形的な存在なので、常に就活中の大学生に人気のある職業です。

国内や海外を飛び回る華やかなイメージのある客室乗務員に憧れている人はたくさんいます。

客室乗務員になるにはどうしたらいいのでしょうか?

客室乗務員のなり方は?

客室乗務員とは、お客さんを座席へ誘導したり、運行中に飲み物や食事の提供をしたり、離着陸時の安全確保の説明など業務内容は幅広いです。

客室乗務員になるには、入社したいと思う航空会社の採用試験を受けて合格しなければなりません。以前は、JALやANAの大手2社に限られていましたが、現在は、格安航空会社(LCC)といわれる外資系の航空会社が日本で募集をおこなっている場合があります。

しかし、大手航空会社は、毎年採用試験がおこなわれますが、それ以外の航空会社は、不定期な採用になります。とくに外資系航空会社では、人員が不足した場合にのみ募集がおこなわれるため、競争率はかなり高くなります。

また客室乗務員になるために、大学か短大、専門学校以上の卒業資格が必要です。学部はどこを出ていても構いませんが、英文科や国際学部など、英語や外国語に関連する学部のほうが採用試験時にアピールできます。英語力があるのは強みになります。

ほかにも、エアラインスクールと呼ばれる客室乗務員になることを目的とした短大や専門学校もあります。このエアラインスクールでは、客室乗務員に求められるスキルや技術を専門的に学ぶことができます。学校内には、実際の機内を再現した教室もあり、笑顔や受け答え、接客対応のマナーを細かく学ぶことができます。

また最近では、仕事をしながら学ぶ事ができる夜間開講の講座を設けているスクールもあります。

客室乗務員に必要な資格

客室乗務員になるのに特別な資格は必要ありませんが、採用時に有利になるのが英語力です。

国内の航空会社は、TOEIC600点以上程度の英語力が応募に必要になります。TOEICを受けない場合は、それと同等以上の英語力を示せるものの提出が必要になります。

身長制限がある場合があります。日系航空会社は158センチ以上で、外資系航空会社は、160センチ以上か208センチに手が届くときちんと募集要項に明記されている場合があります。

中国語や韓国語やドイツ語やフランス語など第2外国語の資格があると就職に有利になります。

客室乗務員として活躍するために必要な能力

飛行機を利用する人は、いろんな国の人、お年寄り、子どもまでいろんな人がいます。そのために、高いコミュニケーションが求められ、きちんとしたマナーが必要になります。

空の上ではマニュアル通りにいかないことが多いので、その場その場で臨機応変に、最善の対応をしていかなくてはいけません。そして客室乗務員の仕事で以外に大切なのが体力。飛行機の中では以外とたっている時間が長いです。

まずは転職サイトで可能性を

客室乗務員に転職することを考えてる人は、まずリクナビNEXTに登録しましょう。リクナビNEXTは、客室乗務員への転職実績もあります。

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみて、候補となる会社の条件を調べてみるのが良いでしょう。

リクナビNEXTのサイトを見る